なすこの普通紙FFax

自分とはなにか?心とはなにか?人とは?

日本の法律では「脳死は人の死」となりそうです。
これまでは日本国内における15歳未満の臓器移植は禁止されてきましたが、
この法律により道が開かれたようです。※参議院のでの採決がまだですが・・・。

特に衆議院での法案可決直前になって、各報道番組では賛否両論が報じられておりましたが、
皆さんはどうお考えでしょうか。

私はやはりこれらの報道を通じて改めて考えたのですが、
脳死=人の死には抵抗感があります。
移植を待つ子を持つ両親の意見としても満足できていない感情があるようです。





「救える命を救いたい」
その通りです。

ここで一つの疑問が。

a:脳死状態の患者。
b:重大な臓器疾患の患者。

どちらが「救える命」なのでしょうか。

この答えはbは言わずもがなで省略いたしますが、
aが「生きている」かどうかがポイントとなります。

新たに成立した臓器移植法は「aは死んでいる」とするものです。

今でも脳死患者は患者のドナーカードや家族の合意により臓器提供ができるのです。
でも実際は脳死臓器移植の事例は少ないです。

「脳死は人として死んでいない」だと問題アリ。

スリリングな言い方になりますが、臓器提供を目的として人間を
意図的に「死なす」必要があるからです。これは誰にも出来ないことです。
技術の問題ではなく、心情的に出来ません。

「脳死=死んでいる」にしないと臓器提供は(殺人を行わない限り)不可能となります。
つまり「脳死=死んでいる」ほうが都合がいいのです。

だからといって、「脳死=死んでいる」と規定するのはどうでしょう?
・・・釈然としないものがあります。
もちろんこんな理由ではないとは思いますが、そう思ってしまう自分がいます。
事実です。



忘れていただきたくないこととして、
「15歳未満の臓器移植を可能にする」ことと
「脳死=人の死」には直接関係がありません。
常にセットで論じられるため、
「この法案が通ったら、15歳未満の脳死患者は死んでいるから臓器提供すべき」とさえ
誤解してしまう方もいらっしゃったのではないでしょうか。

いや、でも世の中はすこし(?)そちらにシフトすると思います。

これも釈然としない理由のひとつです。
いや別に実際シフトしてもいいと思いますが、納得できる形で説明していただければ
という前提が必要ですが、少なくともどこのテレビ局でもこういったことを説明してくれません。
衆議院議員たちは感覚的に答えを出したしたひともいるかもしれません。
でもきっと真剣に考えて結論を導き出したひとも少なくないはずです。
賛成したひと、別の案を指示したひと、それぞれの根拠をしっかり伝えてほしいです。
だからわたしは釈然としていませんし、こうしてバカのように結論のない文章を書き続けています。
もう書き始めてから6日経過していますw



まだまだ疑問がわいてきます。

わたしたちは臓器移植とはなんなのか?また、どのような症状であれば
臓器移植を行うのかご存知でしょうか??



「脳死=人の死」としなかった場合・・・
人の死の規定はともかく、
15歳未満の臓器移植の禁止が解けただけでは、助かる可能性は確かに生まれましたが、
これからも臓器移植を受けられないまま命が尽きてしまうことは起こりうるのです。

現状15歳以上でも臓器移植を待ったまま亡くなるかたが大勢いるからです。
現行法や「脳死=人の死」を盛り込まなかった新法では
臓器移植は増えないという意見があります。
現状、臓器移植は肝臓移植(一部で良いことが多い)や皮膚移植など
生体移植といって、本人(提供者)がもちろん健在で、組織を移植するものは多いのですが、
脳死臓器移植は他国にくらべたら極端に少ないのが現状です。
これはインフラの問題ではなく、実際のところ良く知りませんが、
日本国民の生死観によるのではないでしょうか。



「脳死を人の死」と法で規定する危うさや気持ち悪さは、他にどんな理由で
沸いてくるのでしょうか?

人とは何か?ということが解明できていないからこのように感じるのだと思います。
なので、死の判定の合理性についても多少危うさを感じている面があると思います。

いずれにしても「もし生きていたら?」についてだれが回答できるのでしょうか。

良く知らないついでに・・・
日本には精霊信仰といいますか、植物や場合によっては鉱物にいたるまで
全てのものに魂が宿るということについてあまり疑問に持たない感覚があります。

死のイメージに神聖さを感じてる面もあるかもしれません。

平気で蚊やハエは殺しますが・・・。

脳死については法的脳死判定が人の死と認めるボーダーラインだそうです。
なお法的脳死判定の前に臨床的脳死判定がありますが、こちらの段階では
いまだ死とされません。

今現在でも臓器移植に限らず、多くの場面で死の判定において
脳死判定を実施しているわけですが、そもそもなぜ、脳死にこだわるのでしょうか?



すこしわき道にそれてみます。
みなさんは二元論(実体二元論、心身二元論)をご存知でしょうか。
乱暴にいうと「身体のように実体があるのと同じく、心や魂といった精神面も
(確実に)存在している。」というもので、17世紀の哲学者デカルト以来20世紀に至り
支持する人がいたぐらいです。

この中で言われる自由意志こそが私たちが人間である証と思う方も多いと思います。

科学的には否定されますが、感覚・直感的には納得できる考え方です。

だって、この質感は実際「ある」と思うでしょ普通。

体が「死んでも」魂は別。

では脳死とは心と体どちらの死を意味するのか?

体の死?

間違った解釈かもしれませんが、二元論的には心の活動は
物質的に観測できるものとは異なるため、たとえ全ての体細胞が
焼き尽くされても心は生きているはずです。
また脳は一部特殊な機能として捉えられている一面があります。
心身をつなぐI/Fとなっているからです。

要するに体を支配するのは精神面で、精神面から脳に対して、
意思を具体的行動に変換するための情報をI/Fします。
一方、精神面に対しては脳から各種の実体世界の情報をI/Fします。

ロボットアニメじゃないですが、体はロボットそのもので、
脳は魂の座であるコックピットなんですね。

従って、脳が死んでいる=コックピットが機能していない状態。
ゆえに魂が生きていてもロボットは空っぽの器。

ほう・・・いやいや、もう何がなんだかわかりません。



では本筋にもどりましょう。なぜ脳死にこだわるのか?

その前に脳ってなあに?

臓器など脳を除く他の部位については取替えが効くというのが今の
医療的・科学的概念なのかもしれません。(知りませんが)
通念的にもおおよそ同じです。

だったら、人工臓器(クローン臓器じゃなく人工心臓とかの機械のほうね)でも
いいんじゃない?(こちらも研究は進んでいますが)



また寄り道。

私たちが行動を意識しているとき、考えてから行動するまでの順番はどんな感じ???

受動意識仮説という言葉を聞いたことあります?

なんだか妙な印象があるかもしれませんが、非常に印象深い考察なので
是非調べてみてください。

受動意識仮説をロボット製造の研究に応用していたりします。
今は仮説ですが、実は地動説かもしれませんよ!



わかりました!
わたしには答えはだせません!!!

せっかくなのでイロイロ知ったこと/感じたことを列挙します。

・(意外な事に)日本より圧倒的に脳死臓器移植が盛んな
 アメリカやヨーロッパなどでも「脳死=人の死」と法律で規定してはいません。

・脳死判断後1ヶ月以上心停止に至らない「長期脳死」の姿ばかりではないことも
 理解しなければいけません。

・臓器移植以外の治療法もなぜ統計数字に含めて比較しないのか?

・「脳死=人の死」という法律を規定することで、「こうこうこうであれば脳死=人の死」となりますよね?
古い法律が何十年も改訂されないまま運用されつづけることもあります。
どんなに医療技術が進歩しても古いままの規定で
脳死判定をすることが将来的に起こるかもしれません。
古いDNA判定による冤罪と比べ物にならないほど重大なことです。

すくなくとも医師は慎重の注意力と技術力を駆使して判定を行っています。
決していい加減な気持ちで人の命を扱っていません。
でなければ、病院にはいけません。

それでも脳死状態の患者に接する機会の多い
救急医療現場では正確な判断がどこまでできるのかも疑問です。



治療が困難で無くなっていく幼い命はたくさんあります。
日本国内では稀でしょうけれど、治療そのものが受けられずなっていく
子供は世界を見渡すとこれでもかというほどいます。

さらには無意味に殺されてしまう命もあります。

「脳死=人の死?」について皆さんはどのように感じたのでしょうか。

「死んだと受け止めること」に法律はどのように影響しているのでしょうか。

なぜ脳死=人の死の法案が採択されたのでしょうか。

ドナーカードはいったい何に配慮したものなのでしょうか?



みなさんはどう思いますか?
[PR]
by kusanaghimotoko | 2009-06-19 14:57 | ちょこっとニュース

なすこ(Anastacia)だよ~。
by KusanaghiMotoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

最新のトラックバック

■■■+++恋愛バトン+..
from ロデム返信!
「○×バトン」
from ロデム返信!

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな