なすこの普通紙FFax

ご馳走様でした!木曽路 高島町店

はい、なすこです。

7/24、20:00頃の出来事で、もう殺意を覚えるほどの醜いババァ共がおり、暴徒(大げさ)と化して居たので、「頑張って!木曽路!」と応援の意味を込めて記事にします。



そういえばしゃぶしゃぶというものを外食したことがないような気がして、友人のおススメだった木曽路さんに言ってみました。勝手なイメージで申し訳ありませんが、しゃぶしゃぶ会席の外食チェーンというのが分かりやすい表現かとおもいます。

さて、初木曽路は横浜は高島町店。横浜市営地下鉄の高島町駅からすぐの立地ですが、高島町自体横浜~桜木町、あるいは横浜~みなとみらいの中間に位置し、集客力に乏しいエリアです。広い道路に面しているのでお車でのアクセスはよさそうにみえますが、この周辺は一方通行だったり、中央分離帯が邪魔だったり、・・・いやいやとりあえず特にへんな立地でもないですが、壁絵で有名な根岸線のガードに面した道路と平行で走る通りです。野毛方面からどうぞ。

3年ほど前にリニューアルしたそうですが、店内は木材を多様し、照明は明るく、清潔感のある落ち着いた純和風の雰囲気です。まったく趣は異なりますが、和食の外食チェーンの華屋某さんや藍屋さんよりぐっと高級感があります。予算は一人¥4,000~5,000(夜の営業)ですから当然ですかね。

また、ウェイトレスさんは料亭の中居さん?のように和服をきちっと身に着けております。居酒屋の作務衣姿ではありません。落ち着いた店構え同様、応対も落ち着いた雰囲気が癒されます。私の好みでは、年配の方のどっしり落ち着いて、人懐こい笑顔がかわいらしい接客が良かったです。
なお、あまり混雑していない時間帯ということもあってか、予約無しで0ウェイトでテーブル席へ案内いただきました。

私達の注文はええと、霜降り肉のしゃぶしゃぶだったかなぁ、もっともスタンダードなしゃぶしゃぶメニューです、他にはすき焼きのコースやてんぷら、お寿司などが付く(単品もたしかあったはず)より豪華な会席コースもあります。お好みでどうぞ。

その他食事や店舗については、ググってね。



さて本題。

私たちのテーブルに対し、私は通路側の椅子に座ったので、8時の方向のテーブルにかしましい3ないし4名のクソバ○ァがおりました。年のころは50代中頃~60手前(目測)の経営者(自称)らしいです。桃井かおりさんから愛嬌や知的さを完全に取り去り、その隙間に下品さだけを塗りたくったというイメージで一つ・・・。アルコールが入っていい気分になっているのか、声のボリュームつまみが故障しているババァがリーダー格のようで、取り巻きは比較的わきまえた声の調子ではありました。様子が分からない私の印象は、賑やかなテーブルがあるなぁという位にしか最初は思っていませんでしたが、言い訳でもなんでもなく、聞き耳を立てずとも、会話の内容がおおよそ4m程度はなれたテーブルにも丸聞こえなので、徐々にくだらないリーダーババァの自慢話/三流タブロイド誌的批評とその取り巻きのどうでもいい同意?が延々繰り返されるだけの展開にうんざりしてました。

とりあえず、位置関係を図解します。■が当初客が居た席で、右上が私たちの席。左下がババァ。上段は通路に対し平行に座席があり、私は通路側なので、ババァの並びは背中に位置します。また、下段は通路に対し直角に座席があります。
 |□|■|
 (通路)
□|■|■|■

で、私たちのテーブルも8割がた食事が終わりかけたころ、様子がおかしくなっています。まず、私の向かいに座っていた子(つまりババァグループが2時の方向に見える位置)が私たちのテーブルの真後ろのテーブルにケータイの忘れ物があることに気づきます。この真後ろのテーブルは、ババァグループにとっても胸の高さほどのついたてを隔てた真後ろに当たるのですが、そこのお客さんが忘れていったものです。その後、ババァはなにやら、中居さんを捕まえて、責任者を呼べとのこと。例によって私からは背中側にあたる並びのテーブルの様子は細かくは把握できませんでしたが、どうやら、ケータイを忘れたお客さんは、ババァがうるさすぎて食事に集中できず席をうつったそうで、その際にケータイを忘れてしまったみたいでした。
ババァの馬鹿でかい声で、展開が良くわかってきました。
中居さんの一人が、ババァ(グループの取り巻きのほう)に「少しだけ(?)お静かに」旨注意したことに腹を立て「この店の教育はどうなっているのか?」「気分が台無しにされたこの状況をどうしてくれるのか?」といった者です。当初は中居さんの独断により注意したということのようですが、実はケータイを忘れたテーブルおよび、さらにその隣、つまりババァの2軒となりの席からもクレームが入ったこと、また私たちの席も近いこともあり、他のいたって普通のレベルのボリュームのお客さんの手前もあり注意したことが後の説明で明らかにされました。これは私の想像ですが、席を映ったお客さんから、注意しろとでも言われたのでしょう。なんとも辛い板ばさみ状態だったものと想像しました。
で、店長らしき男性が呼ばれ、その後、注意をした仲居さんも呼びつけられ、ババァ(+スネ男ババァ×2~3)vs店長+注意中居さんの対決です。リーダーのババァが一方的に切れ、仲居さんがひたすら平謝り、店長は若干中途半端な立ち居地ながらも距離を保った態度のなだめ作戦。
ババァは2軒となりのテーブルを引き合いに出し、あっちの方が今も私たちよりうるさいと言い(当の2件となりは在席してますよ!そして実際2軒となりは先述の通り不快なレベルには程遠い常識的なレベル)何度も何度も引き合いに出された結果、ババァグループに「うるさい客がいるからかえる!」とこれ見よがしな捨て台詞を残し帰ってしまいました。この捨て台詞がいわゆる燃料投下になってしまい、これにババァが「今の客を呼んで来い!」と、またしても店舗側がとばっちりを受けるハメに・・・南無・・・

顛末までは席に居られませんでしたので、その後どうなったか分かりませんが、こんなときは警察を呼ぶのがいいそうです。もし私たちなど他の客が、怖い客がいる!と発言したらババァ共は営業妨害に当たり、介入できるのです。または、もし店側に対し、ババァ側から「こんな店つぶしてやるからな!」などの発言が飛び出した瞬間にも、脅迫の疑いで通報してしまえばいいのです。お金を払わないなんて具体的に発言したならこれも締めたものです。私たちがいた時間の中では、そんなクソババァも「お客様」であることを捨て切れなかった木曽路さん側はえらいのか何なのか分かりませんが、私ならあまりにも理不尽なことを言い、他のお客様に迷惑を掛ける様なら「お客様とは思っておりません」と言い切ります。

だって、他のお客さんにとっては迷惑以外の何モノでもないですからね。

中居さんや木曽路側対応は完璧とはいえないのは分かります。ですが、同じ現場に居たらババァ以外はきっと同じ意見です。

木曽路さんは悪くない。



いい足りないけれどこの辺で・・・
あ、ちなみにしゃぶしゃぶはとってもおいしかったですよ~。また行きたいです。
[PR]
by kusanaghimotoko | 2011-07-25 12:21 | ちょこっとニュース

なすこ(Anastacia)だよ~。
by KusanaghiMotoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

最新のトラックバック

■■■+++恋愛バトン+..
from ロデム返信!
「○×バトン」
from ロデム返信!

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな