なすこの普通紙FFax

ギー太とわたし その3 ~簡単なコード進行を理解しよう!~

なすこです。先生ではありません。どちらかというと生徒です。

本日はメジャーダイアトニックコードと簡単なコード進行についてです。(ちょっとだけスケールのハナシも)





さてさて前回Cメジャーコードというのが登場しましたが、和音(ハーモニー)には3つの音でつくるものと4つの音で作るものがありますなんて、かなり乱暴な表現をしておりましたが、もっと沢山の音をつかった和音もあります。ただし基本は3と4音でOKです。省略した2音やテンションと呼ばれる第5の音を加えたものまでがあるということだけが大体分かっていれば、今はオッケーベイベーです。じゃないとなすこから言うことはナニモナイです。

あらら、わき道にそれちゃいました。

さて、楽曲を作ろうと思ったとき、主旋律となる小さなフレーズを考えても、コード進行から考えてももっと別のアプローチがあってもそんなのはまったくの自由です。今回はそれなりにもっともらしく聞こえる基本的なコード進行について書きたいと思います。

コード進行について理解する前に、前回登場したCメジャーおよび白鍵のみを使ったドレミファソラシドの関わりを。

まずはCメジャーコードについておさらい

Cメジャーコードはルート音であるC+ルートに対し3度上となるE+同じく5度上となるGで構成されています。そして3度上や5度上というとなんだかややこしく聞こえますが、これを楽譜上に記すと各音符が頬を寄せるようにぴったりと並んでいる美しい(?)形になっていることが分かりました。

本日はC以外のコードについてもお勉強しましょう。

コードにはメジャー以外にもマイナーをはじめとした色んな響きを持ちます。コード進行について考える場合はイメージした曲調にあったコードを数種類いい感じの順に並べるということがまずは重要です。これにはセンス以前の極簡単な法則があるのです。

ドレミファソラシドのドはCですね?
そしてレはDです。ではドレミファソラシドの音階の各音に対しCメジャーと同じルールで+2音した3声和音を機械的に当てはめてみましょう。

Cメジャーと同じルールとは楽譜上各音符がぴたっと接していて仲が良い感じになっているというだけです。
Dは第一線のすぐ下に○、2音目がEだとDとEになって音符が重なってしまうのでF。3音目はA。(って言うと本当に面倒くさいからこそ楽譜で音を表記するんですね。これも楽譜の便利なところです)
DをルートにしたDm(Dマイナー)というコードが出来ました。
同じように残りの音EFGABそれぞれをルートにした、5つのコードが同じルールで生産できます。
Em、F、G、Am、Bm(♭5)
最後のBほにゃららは、Bマイナーフラットファイブっていいます。

ところで、音階にもメジャースケールやマイナースケールというのがありまして、コードと同じく、メジャースケールなら明るい音階、マイナースケールなら暗い音階などイロイロあるんです。このドレミファソラシドは力強く元気な明るいCメジャースケールといいます。ドレミの歌がまさにそうなのですが、この曲も歌詞がどうこうとは別に、力強く元気な明るい曲調ですよね?Cメジャーの曲調にはCメジャースケールはぴったりです。なお、Cメジャースケール以外にも合うスケールはあります。ここではひとまず、曲調に合うスケールというのがあるよとだけ覚えておきましょう。

なお、スケールという言葉ですが、定規や計量カップを英語でスケールというようになんか基準になるものです。音楽では1オクターブをどのように区切るかってことですね。楽器の場合は色んな楽曲に対応できるよう、沢山の鍵盤やフレットがありますが、ある曲に特化して良いのであれば、使わない鍵盤(フレット)があります。つまりはある楽曲ではこのフレットだけ使えば、運指やテンポが間違っても調子っぱずれな音にはならないわけです。

コードに戻ります。五線譜にCメジャースケールを順に書き、各音にCメジャーコード同じ見た目の計7つのコードを作ってみましたが、これらの7つのコードは全部がメジャーコードではないというところが面白いですね。思いっきりマイナーコードが登場しています。弦楽器の場合は各フレットが半音ずつ綺麗に並んでいる為、意識しづらいですが、鍵盤楽器の場合は白鍵と白鍵の間に黒鍵があるところとないところがあるため、楽譜上でみんな同じように等間隔で音符を並べても、各コードはそれぞれのルートに対し、3度や5度の音が、微妙に違うからこういうことがおきます。

Cメジャーコードの場合、ルートのCと3度のE、5度のGとこれまで話してきましたが、ルートのCに対しEは黒鍵を2つはさむので、ギターでいうと4フレット上の差になります。これを長3度といいます。次にGですが、ルートのCに対し、黒鍵が3つ(7フレット上)で、完全5度といいます。
つまりメジャーコードはルート、長3度、完全5度の3音からなるコードだということなんです。一方マイナーコードはメジャーコードに対し、3度が半音下がった音を持ちます。Cmなら、C、D♭、Gです。なお、D♭とB♯は同じ音ですが、Cmにおいては、長3度のDを半音下げるという意味でD♭を使います。この長3度から半音下がったD♭は短3度といいます。この3度の音の差ががメジャーコードとマイナーコードの差の正体です。たった1音が半音違うだけなのに、聴く人に明るい印象を与えたり暗い印象を与えたりというすごい差になります。不思議ですね。ちなみについでに完全5度に対し半音上がると増5度、反対に下がると減5度といいます。3度は長短のみ、5度は増、完全、減の3種類あります。鍵盤、楽譜、指板とそれぞれ頭に思い浮かべながら理解すると良いと思います。

さて、7つのコード並べます。

(Cメジャーダイアトニックコード)※3声和音
C
Dm
Em
F
G
Am
Bm(♭5)

勘の良い方なら分かると思いますが、Cメジャーな曲を作ろう!とおもったらこの7つのコードを適当に並べて演奏すればいいのです。

すごく簡単じゃないですか?

ちなみに基本的に3つのコードがあればよしです。

たとえば、C⇒F⇒G⇒Cといったぐあいです。単なる3つのコードが順に並んでいるというよりもっと音楽ぽく背中を押している感じがありませんか?(なお、全部Cだけでも良いです。)
特にF⇒G⇒Cの流れはなんとなく分かりやすく流れていると思います。
カデンツ(ケーデンス)なんていいます。人は長調、短調を聞くと、明るい、暗いと共通的に感じることができますが、これと同じように、コード進行にも感じ方が概ね共通なんです。不思議ですね。

とりあえずさっきのダイアトニックコードの7つのコードの役割について話を進めます。

C・・・トニック
Dm
Em
F・・・サブドミナント
G・・・ドミナント
Am
Bm(♭5)

CメジャーダイアトニックコードのうちキーとなるCメジャーはトニックと呼びます。もしDマイナーダイアトニックコードならDmがトニックです。

さて、トニックのCに対し、4度上のFをルートとするFコードはサブドミナント、5度上のGはドミナントと呼びます。面倒くさいんで、トニックはT、サブドミナントはSD、ドミナントはD表記します。Dは音階のDと混同しないように注意。他の4つの音はサブドミナントかドミナントの仲間です。

とりあえずベタなコード進行はこのT、D、SDのコードを使えば良いです。

ではそれらのコードは一体どういう役割があるのでしょうか?
Tは曲調にぴったりのコードのため、とても安定的な響きを持ちます。ですが、Tだけで曲を作るというのは結構難しいです。アップダウンのないジェットコースターとでも言いましょうか?これを聞かせる曲にするのは難しいのです。逆にアップダウンさせれば自然にコースターは動くわけですから、格好いいメロディーが思い浮かばなくても、勝手に音楽が進行します!
というわけでDやSDの存在が重要になります。DにしてもSDにしても楽曲の中で不安定な響きを持っているのでスリリングな展開を演出することが出来るのです。そして面白いことに、DやSDの後、Tのコードを響かせるとほっと安心できるわけです。この緊張感と安定感が曲に進行感を与えて、生き生きとさせるわけです。なお、結果的にTは楽曲の最後のコードになることが多いです。

分類すれば、結局のところ3つのコードグループなわけですから、以下の6パターンしかないわけですよね?
T⇒D
T⇒SD
SD⇒D
D⇒SD
D⇒T
SD⇒T
とりあえず最後がTという流れは安心感のある展開です。また、SDからDというのも不安定同士の展開ではありますが、納得の進行です。SD⇒D⇒Tなんて強力な3連コンボです。それ以外の流れも駄目って言うことはないので、時と場合によって使い分ければよろしい!

SD⇒D⇒Tだけだとすぐに飽きが来ますが、コード進行の基本だと思ってください。

それと忘れてはいけないのが、ダイアトニックコードの残りの4つのコードですが、DmなんかはFの代わりに使えます。というかF⇒GよりDm⇒Gの方がぐっと来ます。よく分かりませんが、そんな気がします。

そしてダイアトニックコード以外のコードもT、D、SDの代わりになるコードが沢山あって、ここの響きの違いや、コード進行上の響きの違いがもつ印象を自分がイメージする曲に合わせて鳴らすということが、コード進行の基本となります。

物語には起承転結なんていう展開のセオリーがあるように、音楽も同じです。先ほどのCFGCという流れはまさにそんな感じの展開です。あとは自分のイメージに合ったコード(そして進行)を当てはめていけば一丁挙がりってわけです。

童謡は転調をしないので、基本ルールの理解に最適です。

転調についてはいずれまたですが、スケールにしてもコードにしても似たような構成同士をフックして移動すれば違和感が少ない転調だし、似てないものへの展開は奇抜な感じと、何が駄目ってことはなく、それぞれの動きでもって感じる印象と楽曲のイメージを上手に構成させるというのが基本です。

ね?簡単でしょう?

ってこともないかぁ・・・

次回は未定ですが、メジャーとマイナーについてその1って感じでひとつ!
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2011-08-24 12:35 | ブーム

なすこ(Anastacia)だよ~。
by KusanaghiMotoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

最新のトラックバック

■■■+++恋愛バトン+..
from ロデム返信!
「○×バトン」
from ロデム返信!

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな