なすこの普通紙FFax

寒くなってきましたね。

なすこです。

台風18号、19号が去り、寒さとホッとする陽気を織り交ぜながら秋が深まっている感をびしばし感じます。なので毎日寝坊気味。
半分嘘です。寝る前にやっちゃうモンハン4Gのせい。というかやっちゃう自分のせい。ちなみにまだ初めての緊急クエストが発生したばっかりのところで、ドスジャギィやらランポスをいじめてます。大昔2ndGのときと同じく双剣が好きです。太刀もリーチの長さが魅力で使っていましたが、連続攻撃をすっかり忘れており、適当に連打連打してます。



さて、この季節しとしと雨が降るような日に、私は雑炊が食べたくなります。
よく居酒屋さんやお鍋メニューの〆とされることが多く、雑炊専門店となると非常に少ないのが現状です。
おそらく、ですが、雑炊はご飯(お米)、ダシ、具、鍋で構成されぐつぐつ煮込むわけですから、技術による差が出づらく簡単にまねできてしまう。というわけで技術料の上乗せは単に割高感を生むだけで商売になりづらいのがその理由かと思います。

家庭料理として考えると鍋ひとつ(別途ご飯を用意する必要があります)で難しいことを考えず煮ちゃえば良いですし、ご飯がおダシを吸って膨らむのでボリューム感もあり、普通に白米を食べるよりはお米によるカロリー摂取も抑えられたりとかなり優秀な食べ物のはずなのに、ジャンク、貧乏くさい、手抜きというイメージがあるのでしょうか、ご家庭でもそれほど登場するものではありません。一人暮らしには結構便利なメニューだと思います。

というわけで、突然ですが雑炊を考えてみましょう。

まず雑炊豆知識から。雑炊と似たものとして「おかゆ」「おじや」があります。
おかゆと一言で表す場合、日本では白粥ということになります。こちらは通常はお米から水のみで炊き上げ、少量のお塩を加えたものです。なお、お米に対する水の量を加減することで「ゆるさ」を調整します。中華粥はもっと味付けされたものが多いので、雑炊と白がゆのハイブリッドな感じです。具材はトッピングのような扱いで、ご飯とともに煮込むという感じは無いと思います。
おじやと雑炊はもともとは同じものを指しておりましたが、俗にはご飯をダシに加える前に一度水洗いをしてさらっとした食感にしたものを雑炊、ご飯をあらわずぐつぐつ煮込んで半分解けたような状態に近いものをおじやと分類することもあるそうです。なお、なすこは雑炊だろうがおじやだろうがご飯を洗うことはしません。

一般的には鍋の残り汁にとき卵や刻み葱を加えて仕上げる感じでしょうか。

ぶっちゃけ、ひとり雑炊なら何でもありです。

私はおかゆもそうなのですが、かなり薄く(水分量に対し米量が少ない)かといってゆるいわけでもないさらっとしたタイプが好きです。おかゆに例えると、水部分はしっかり白濁しているものの、お米の粒は輪郭を残しつつ大きく膨張したような感じです。べとべとしたおかゆはとても苦手です。さらっとしているので飲んじゃえるぐらいが理想です。
ようするに炊くというより少量のお米をゆでるイメージですね。

んじゃ雑炊も同じです。お米から作ります。面倒くさいのでお米は水洗いだけして研ぎません。

なすこが好きで、簡単に作れる「さらっとトリ雑炊」をつくりましょう。
●用意するもの
■一人用鍋
■お米:お好み【参考】1/4カップ(ゆるめ。一人用お鍋だと1/2カップが限界かな。それ以上だとおかゆやご飯を炊くかんじ。)
■ダシ:
 水 お好み【参考】2カップ(やはりゆるめ。お米の2倍以上あった方がよいかな)
 顆粒だし お好み【参考】小さじ1(ダシ感を出したければ増やしてもよい)
 料理酒 お好み【参考】大さじ1(なくてもよい)
■具など:
 鶏肉 もう適当で!一応、50グラムぐらいでいいんじゃない?安い胸肉で十分
 卵 1個(無くてもよい)
 ネギ 適量(手抜きで作るなら白ネギ)
 ショウガ チューブでいいよ
 塩・しょうゆ ほのかな味・香り付け程度(個人的には白醤油or薄口しょうゆやお塩)

手抜きで作ります。
①ネギをみじん切りにします。
②鶏肉は1cm角の小さいサイズにします。歯ごたえ重視なら大きめでもOK
③卵は溶いておきます。軽く溶く程度で。
④お米、ダシ、鶏肉、ネギ、ショウガ、を入れて弱火で茹でます。なお蓋をすると吹きこぼれなどが面倒なのでしない方が良いです。水分が足りなさそうなら適当に足してOK。
⑤お米の芯がなくなったら、火を止め、溶き卵を入れて一かき。
⑥塩またはしょうゆなどで味を調えて完成。

炊飯器でご飯を炊くより速く出来ちゃうかもしれない。

最近はお鍋用にいろんな合わせだしが市販されておりますので、水で薄めたりしながら、いろいろ試してみるのが楽しいかも。具材もお好みで。


もいっこ。
えび天雑炊。
ダシは簡単な液体うどんスープ。
具は玉ねぎとえび天。

①ダシは市販の饂飩やおそばのスープを標準よりちょっとだけ薄めにします。(煮込んで蒸発する分)
2カップ用意します。
②玉ねぎの輪切り5mm~1cm厚を1枚、なべ底に
③スープとお米を入れ煮る。
④お米の芯が取れたら、えび天を入れてひと煮立ちで完成。

お好みで三つ葉を散らしてどうぞ。
なすこはえび天のコロモが散った状態のトロッとしたスープで食べるのが好き。
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2014-10-23 11:18 | 本日のなすこ

なすこ(Anastacia)だよ~。
by KusanaghiMotoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

最新のトラックバック

■■■+++恋愛バトン+..
from ロデム返信!
「○×バトン」
from ロデム返信!

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな