なすこの普通紙FFax

ロックと平和と戦争と

FF関係なしのおはなし。

なすこは日本以外の国に住んだことがありません。
で、日本は先の国連によるイラク侵攻というべきか、イラク平和維持活動というべきか
とにもかくにもイラクを舞台にした戦争に参加していても、
第二次世界大戦以降は戦後として扱われています。

さて、スイスといえば永世中立国として有名ですが、スイスには軍隊が存在しています。
日本を除く多くの国では自衛の戦争は当然の権利として認めているようです。
そのような状況の中、日本は自衛のための戦争でさえ、憲法の解釈をめぐり
議論して解釈により軍隊、おっと自衛隊といわなければいけないそうですね、を
派遣したりしています。

なにも昨今の憲法改正推進をしようというものではありません。
たしかに、東アジアでは微妙な状態がつづいていますが、
たしかに、いけ好かない国が存在していますが、
たしかに、拉致や人権について日本とは異なる感覚で捉えている
国はありますが、
たしかに、数百年まえの侵略を今でも謝罪せよという国がいますが、
わたしは日本は戦争をすべきではないと考えています。
戦争では幾ら奇麗事を並べようと、拉致、核開発、人権蹂躙、侵略
すべて行われます。そんなものを認めるつもりはありません。
という風にみんなが感じていないのもわかっています。

芸術はしばしば戦争のアンチテーゼとして立ちはだかることがあります。
なにかっていうとジョンレノンやピカソが祭り上げられます。
違和感ありませんか?
わたしは多いに感じています。
ただ、この感情はウマく表現できません。

そんなことをキャンペーンしなきゃいけないほど腐ってしまってはいない
と思っているから?

なんか違う。

なんでしょうねぇ。この違和感。

それすら商業的に利用している輩の存在を感じてしまうから?

うーん近づいた気もするけど、遠のいた気もする。

なんでしょうねぇ。この違和感。

ちがうんだよねぇ。ちがうんだよねぇ。

みんなもわかるとおもう。現にそういったキャンペーンがムーブメントになる
ような時代ではない。そう、古いのです。
おいおい真理に古いも新しいもあるのか?とつっこみがきそうですが、
ソコに真理はないので古いと断言してしまおう。

たしかに、戦争を頭の片隅において反戦を訴えるリリカルな
音楽を聴くと考えさせられることはあるでしょう。
対比するものが美しければ余計に醜い争いについて浮き彫りになるでしょう。
でも、日常でそれが感じられないほど世の中は汚いのでしょうか?
極端なものの対比でしか見分けられないほど 濁ってしまっているのでしょうか?
鈍くなっているのでしょうか?
あなたの目は、だれかの肌は、わたしの耳は、みんなの心は・・・

強さや弱さ、優劣なんてどうでもいい。
あるがまま、あるべきところにいれば良い。

そろそろ気づけ。

君はそう、美しい。

って誰かが言ってたようなきがする。
[PR]
by kusanaghimotoko | 2007-01-08 02:06 | ブーム

なすこ(Anastacia)だよ~。
by KusanaghiMotoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

最新のトラックバック

■■■+++恋愛バトン+..
from ロデム返信!
「○×バトン」
from ロデム返信!

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな