なすこの普通紙FFax

カテゴリ:Gameboy Advance( 7 )

パワプロくんポケット6 ~なすこセレクション~

コナミの大人気タイトル。

コナミさんの野球ゲームといえばプロ野球スピリッツとコレ。



当時のケータイ機ではデフォルメされたキャラクタが活躍するこちらの方がピッタリ。
個人的にはサクセスモード(育成)がメインだと思います。

GBAのくせにサクセスモードは2種類あります。
どちらかというと夢の島のほうがお手軽に楽しめる感じでしょうか。

長いシリーズなので今更説明も不要だと思いますが、人気タイトルゆえ中古市場で安価で購入できるので買って損はないかなという感じです。

以上
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2012-07-25 17:03 | Gameboy Advance

カルチョビット(なすこセレクション)

最近3DS用ソフトのTVCMを見かけますが、元祖はGBアドバンス。
販売本数はともかく隠れた名作です。
なお、3DS用はこのGBA版の続編にあたります。

ゲーム内容はサッカーチームを対象とした育成系シミュレーションゲームです。
限られた資金と日程の中から、チームを編成し、トレーニングで指定した選手を強化し、リーグ優勝を目指す感じ。グラフィックは至ってシンプル。現代ではかえって新鮮なとても粗いドット絵。登場する選手は全て架空というなんともまぁレトロ感が当時からタップリ。
選手の強化については即戦力から鍛えないとどうしようもないもの。はたまた、強化すると化けるモノや始めこそ強いけれど強化しきれない延びしろの無いものなどの味付けがされており、さらにはスカウトできる選手もランダムで登場といじましいぐらいの制限の中で楽しむある意味マゾゲー。
当時から攻略Wikiは存在しており、納得のいくチーム作りには便利ですが、何も見ないでも充分楽しめるのが伝統的Nintendoクオリティ。ネーミングセンスもナスコ好み。(開発元はパリティビット社)
また、選手の強化は何十種類数あるメニューから選択するのですが、メニューの組み合わせでスペシャルメニューが発動し、言いも悪いも効果が大きくなっております。こういうパズル的要素もザ・ゲェムって感じで良し!
※何も見なくても出来るとはいえ、チュートリアルがいつまで続くのか分からなく、気付いたらクリアみたいなものは論外。この辺のバランスは流石。

試合は基本見てるだけー(選手交代はプレイヤーの采配)なのでちょっとした時間に「カルチョ」(サッカー)を「チョビット」楽しもう!ってノリでオッケ。

って全然楽しさが伝わらない・・・。

うーんGBAのタイトルは総じて聞くよりやってみてよ!って感じかな。

3DS版(ポケットサッカーリーグ カルチョビット)は3DSの強力な通信機能を活用し、全国の監督との試合が出来たりなど、パワーアップしているので、これからならGBAじゃなくて、3DSで良いと思う~!逆にライトに楽しみたい。荒削りな良さが好き!ならGBA版もぜひっ。
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2012-07-11 11:40 | Gameboy Advance

ウィザードリィサマナー その後(なすこセレクション番外編)

ウィザードリィサマナーをメインシナリオをクリアしました。

なかなかの不親切っプリが新鮮でなすこ自身は結構楽しめたと思いますので、
プレイメモを記録します。

ストーリーはほとんど触れていませんがネタバレ注意
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2011-12-12 11:26 | Gameboy Advance

逆転裁判(なすこセレクション)

たまには王道も

しり上がりに大人気に
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2011-11-25 13:21 | Gameboy Advance

ウィザードリィサマナー(なすこセレクション)

なすこです。

FF11FTも終わりちょっぴり寂しい毎日ですが、元気です。

GBAのソフトを紹介するなすこセレクション復活です。
今回はGBA唯一のWiz。ウィザードリィサマナーです。



ク○ゲーらしいですが・・・
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2011-11-17 19:50 | Gameboy Advance

メイドインワリオ(ナスコセレクション1)

なすこです。
記念すべき(?)第1回目のナスコセレクションは「メイドインワリオ」です。

2003年3月に任天堂からリリースされたミニゲーム集です。

その名前の通り、1つあたり5秒程度で終わるミニゲームが沢山入っており、各ステージをクリアしては、新たなミニゲームを集めるみたいなゲームです。

基本操作は十字キーとAボタンのみを利用するので簡単です。(沢山のゲームがあるため説明書にも書かれていません。)ゲーム開始時に「よけろ」とか「○○をとれ」みたいな簡単な指示をみて、反射的に操作するので、初見では何をすればいいのか分からないままミスになってしまうこともしばしば。

各ステージは基本的に14ぐらいのミニゲームがランダムで選ばれ、固定のBossゲームをクリアすれば終了。全部で9つのステージが用意されており、9つ目のステージのBossゲームをクリアすればエンディングですが、各ステージに用意されているミニゲームは20種類ぐらいアリ、当然1回のプレイでミス無く進んだとしても、全てのゲームが出来るわけではありません。

ので、この隠されたミニゲームを出現させミニゲーム集を完成させるやりこみ要素もあります。

「ずかん」ではメインゲームで出現させた事のあるゲームを一つを選択し、そのミニゲームだけを繰り返し続けるのですが、各ミニゲーム毎に合格点が設定されており、中には合格点クリアも辛いものなどがあります。ミニゲームには3種類の難易度(仮に1、2、3と呼ぶ)が設定されており、3つクリアすると制限時間が短くなり、よりスリリングになります。1⇒2⇒3⇒(時間短縮)⇒1⇒2⇒3⇒繰り替えす。ミス4回でゲームオーバー。(本編もミス4回でゲームオーバー)

ミニゲームそのものはなつかしのファミコンゲームをアレンジしたものやシュールなものなどニヤリとするものが沢山アリそれだけで楽しめます。

実際のゲーム画面を見ても面白さはぴんと来ないので、見るよりやることで分かるゲームです。
単なるミニゲーム集ならイロイロあると思いますが、やはり任天堂からリリースされるゲームは良く考えられているなぁと思います。

類似のゲームとしては後続のまわるメイドインワリオやリズム天国などがあり、元祖メイドインワリオをさらに研ぎ澄ました名作です。

収録されているミニゲームは異なりますしゲームのコンセプトも異なりますが、メイドインワリオを購入するよりは先述のまわる~やリズム天国の購入をおススメします。これらのゲームについてはいずれ紹介しまーす。このゲーム自体は買ってもまぁ損のないレベルです。中古だと300円ぐらいで買えるのでへたな月額のケータイゲームより完成度は圧倒してますよん。



とりあえず一人でちまちまやるゲームですので、電車などでの移動時間にどうぞ。
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2011-10-11 13:13 | Gameboy Advance

ゲームボーイ

ナスコです。

ここ数年、巷でゲームといえば、ケータイやスマフォを使ったソーシャルなんちゃらかんちゃらが華盛り。本当に盛り上がっているのか知りませんが、これも世の移ろいというものなんでしょうか。どうも私はこの手のゲームの方向性には違和感を覚えて仕方ないです。ビジネスモデルがすばらしいと言うのも今現在勝ち組だからこそいえている理論でしかないなぁと言う印象。
私にとっての印象的なゲームというのは挙げようとすれば呆れるほどあります。
それが例えば、ナツメロや思い出のアニメのように一種の伝説化しているものも数知れずです。ある意味文化といえるほどのタイトルも少なくありませんし、思い入れや愛着は同じタイトルでも各人さまざまでそれらを語るだけでも楽しい気分になるものです。
さて、コンシューマやPCゲームに対し、昨今のソーシャルゲームはどうなんでしょうか?平均寿命が4ヶ月程度といわれておりますが、TVで言えば1クール。TVアニメの長期連載というのも最近では珍しく、2クールでも長いわけですが、いわゆる劇場版1本よりは十分長く、そういう意味で受動的コンテンツならアリだと思います。ですが、ゲームの場合はどうでしょうか?1日30分で4ヶ月なんていうプレイは私には出来ません。FF11のときがおそらく1日に掛けたゲームの時間が最長でしょうけれど、ファミコンをプレイしていたころにしても1度に2~3時間はやっていたと思います。ある意味時を忘れる没入感がゲームの醍醐味だと私は思うのですが・・・とりあえずソーシャルゲームはゲームではないと私は断言します。
アイテム課金に代表されるフリーミアムモデルによるソーシャルゲームはメディアに露出し、一定数のユーザー数を獲得した時点で、ユーザ数とユーザ単価の双方が自然に膨れ上がる奇跡のビジネスモデルといわれております。また、時々TVに取り上げられる際、大抵が街頭インタビュー形式なわけですけれど、おおよそ「それっぽくない人」あるいは「普通な人」に声がかかり、「何が面白いの?」との問いに、「ゲームをしながらコミュニケーションできる(キリッ)」なんて感じのお決まりパターンなんですけれど・・・。
ここで疑問なのですよ。そんなの大昔からあったし、世界中の人と繋がるというのも別にそんなに歴史は浅くない。従来型のゲームのユーザも別にヲタ(蔑称ではないです)だけではなかったし、ソーシャルゲームにしたってヲタがやってないはずは無い。ただしソーシャルゲームのゲーム性を私が疑問視するようにそれが彼らに受入れられないということは大いにアリ、結果そいうった筋の人は見向きもしない状況というのも当然ありえます。んでね、どゆことかっていうと、ソーシャルゲームカッコワルイってことなんですよ。

じゃぁ格好いいゲームとは何か!?



GAMEBOY ADVANCE(開発終了しております)

です。(キリッ)



ウフフ・・・聞こえる聞こえる、ポカーン、あるいはシーンという音がはっきりとねっ。



さてそれらを無視して進めます。
PS3、XBOX360、Wii、PSP、DS、3DSそれらを差し置いて、なぜGAMEBOY ADVANCEなのかですが、みなさんこのハードのゲームってどれぐらいやりました?世代によって違うと思いますが、やったとしてもポケモンといった程度なのではないでしょうか?発売当初のハードのデザインが非常におもちゃっぽくて任天堂の考えるゲームが、ソフトとしてはとても子供を狙ったものじゃないものも多いのに、なぜかハードは子供のおもちゃ臭がすごかったんですよね。それと当時はPS2の一人勝ちでタイトルもプレイステーション陣営側がもてはやされており、携帯機はその間もずっとほぼ任天堂のみ(PSPは2004年発売)ではあるものの、正直市場は任天堂に飽きていました。ただし、従来からの低年齢層に対するアピールはよく、売上も良かったものと思います。また改良版のGAMEBOY ADVANCE SPの登場でおもちゃっぽさが抜け、ファミコンカラーとファミコンミニというシリーズで発売されたファミコンソフトがノスタルジックでこれも良く売れました。で、PSPの発売とDSの発売(ともに2004年)によりGAMEBOY ADVANCEはその2年後にひっそり幕を閉じる(以上なすこの窓からみたGAMEBOY ADVANCEの歴史)わけですが、実はとても面白いソフトが沢山あります。
ええと、はっきり言ってしまえば、PSPやDSのソフトの方がもっと沢山ありますよ。ですが、ここに両者に負けないハードがあるんです。しかもなんと、2004年にPSP(当初はいまひとつ盛り上がらず)およびDS等の新世代ハード発売後の、なぜか2005年に発売という頭がおかしいとしか思えない時期にスーパークールなハードが登場しました。その名もGAMEBOY micro。アルミ筐体で、わずか2インチとはいえ高精細なTFT液晶を搭載し、さらにバックライトによる輝度も十分です。カラーバリエーションは標準カラーの黒、シルバー、ブルー、パープルのほかに準レギュラーというかこちらが本命のファミコンIコントローラーを模したファミコンカラー。価格は¥12,000。・・・ええと、これはほぼ売れません(1世代前のハードで、DSが¥15,000に対しこの価格は・・・)でした。でも今見ても格好いいんです。確かにGAMEBOY ADVANCEのソフトはDSでも遊べます。それも大画面です。またGAMEBOY ADVANCEやSPはGAMEBOYやGAMEBOY Colorのソフトも遊べたりしますが、microはADVANCE専用です。ですが2011年においては、互換性なんかどうでも良いです。

据え置きゲームの代名詞がファミコンのように、携帯ゲーム機はゲームボーイなんですよ。
なので最後のゲームボーイであるGAMEBOY micro!これで決まりっ!



なお、ヤフオクでは、新品なら¥8,000~¥12,000
状態の良い中古品で¥6,000~¥8,000
箱取説なしの良品で¥3,500~¥4,500
程度です。※限定モデル等は除く。
AC/DC等周辺機器はミクロ専用なので、ご注意を。

なすこは現在本体については、レギュラーカラー全色のほか、FFIVモデル、Mother3モデル、ポケモンセンターモデルを所持しております。要するに通常入手できる全種類です。そのほかに(コロコロコミックの応募懸賞バージョンとタワーレコード秋葉原店オープン記念バージョンが存在しますが、ほんのわずかしか存在しない為入手不能)
ほか交換用フェースプレートとして非売品のファミコンIIコンカラー、スーパーロボット対戦も所持しております。(micro発表時 さまざまなフェースプレートを展開する予定でしたが、本体が売れなかったためなくなりました。ですがかなりの種類のプロトタイプが作成され、1種類が流出しているようです。)

次回はナスコセレクションのソフト紹介
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2011-10-04 12:08 | Gameboy Advance

なすこ(Anastacia)だよ~。
by KusanaghiMotoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

最新のトラックバック

■■■+++恋愛バトン+..
from ロデム返信!
「○×バトン」
from ロデム返信!

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな