なすこの普通紙FFax

カテゴリ:ブーム( 111 )

嫌なことのほうが目立つ(バトオペ出陣メモ)

さてさて、前回ぼいちゃ怖~なんてグチってみましたが、ボイチャじゃなくても自分を否定されると辛いですね。ボイチャだろうがテキストだろうが嫌な言い方な人は「たまに」いますね。

ここ重要「たまに」ですからね。確かになすこ自身プレイしながら、あー3番機さんそこで敵拠点しつこく攻めるよりこっちきて一緒にドム倒して~!とか思うこともありますし、ボイチャをモチロン切った上でブツブツ突っ込み(悪態つきながら(汗))ながらプレイはします。

んでも技術面や戦術について注文するなら、「こうすればよい」とかそういう指南をすれば言いと思うんですよ。別に下手になりたくてなってるわけじゃないし。も~嫌な人っ。

まぁ勝ったほうが報酬がちょっぴり多めになったり、プレイデータに勝利記録が+されるからスコア厨なら味方のプレイヤーに厳しい言い方するのもわからないわけでもないですが、とりあえず上手なフレンドとだけ遊べばっ?って思う。野良なんかそんなもんでしょう。仕官クラスじゃ適当に遊んでても半月ほどもあれば勝手に上がるわけですし。

ええ、どうせなすこは下手ですよ~!

反省はしないっ。
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2013-07-03 18:54 | ブーム

ボイチャ怖~っ!

なすこ軍曹です。

ガンダムバトルオペレーション(以下バトオペ)で順調に成長してしまい、現在軍曹Lv2。
Lv4のMSやパーツが登場し課金ファンタジーですが、賢く遊んで行きたいと思います。
※必要な場合には課金してもいいかなって感じ。

ちなみにこういう無料+アイテム課金ゲームをやると、実際色んなゲームをやるかどうか不明ですが、PS+の月額500円のフリープレイが如何にお得か感じます。

フリープレイってフルバージョンのゲームソフトが無料でダウンロードできるので、たった500円で遊び放題というのはお得ですね。

なお、ダウンロード期限が切れたものでもダウンロード済みのゲームについては契約中に限りずっとプレイできます。なので今月は①遊びたいソフトがある。というケースと②今月は遊ぶ時間が取れそうだ!というときだけ課金するのが賢い(?)遊び方ということになります。

1年に2~3本のソフトを買うような人は「遊びたいゲームがあれば」間違いなくお得です。



バトオペも知らず知らずのうちに軍曹まで階級があがりました。
軍曹だと、なんといってもスロット強化ハンガーが使えるようになります。
各MSにはカスタムパーツをセットするスロットがあり、これが沢山あるほうが機体を強化できて便利なのです。使い道があるかどうかは別としてでっかいことはいいことなのです。

ただ、このシステムの非常に嫌らしいのは...。よく失敗するのです。成功率は30%前後です。しかもコストが掛かります。せっせとためた設計ポイントかお金で購入したチケットを使っても失敗すれば水の泡。チケットの場合は失敗時に補償がつきますが、それでも設計ポイントが1000程度ですよ。普通に考えて割に合わない。とりあえずは焦らず課金チケットは使わず、コツコツ設計ポイントでやるのが良いと思います。

なすこの場合お金を掛けても良いのは「基本的にplayそのもの!」「MS購入はお財布と相談」なので。



ボイチャです。プレイしていると突然声が聞こえてくることがあります。バトオペはボイチャ対応しているので、ヘッドセットなどを着けている人は声でコミュニケーションできます。バトル中はほとんど会話なしに連携しなきゃいけないので、声によるコミュニケーションがあると圧倒的に有利といえます。
そんなボイチャですが、グチグチ言う人がいて嫌になります。
自軍を数的不利に招くボマー(敵拠点の破壊に走る人)やランナー(中継地の確保ばかりを狙う)は嫌われますが、事前に作戦もなにも伝えずに常識とばかりに文句を言うのはどうかと思います。
というかソレが効果的ならステレオタイプで判断するほうが痛いですよ。

てことでなんかキモイです。

楽しくプレイできればいいのですがね・・・。

以上
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2013-07-01 12:59 | ブーム

ガンダムバトルオペレーションズ(基本無料+アイテム課金)

はいはい。なすこです。
なすこは現在PS3用ゲーム『ガンダムバトルオペレーションズ』に参戦しております。
TPS(三人称視点シューティング)で、ご存知ガンダムのMSを操って日本中のパイロットと戦うものです。
もともとFPSとかこういう対戦ものって勝てればいいですけど負けたときの悔しさが嫌なのと、チーム戦にしても「消えろカス」とか言われそうで怖かったのですが、バトオペは比較的ゆるいので楽しめております。

ゲーム概要はユーザが自由に作成できるバトルフィールドに4vs4~6vs6で地球連邦軍とジオン軍にわかれて戦うものです。
自分はどちらの軍でも出撃可能で、ジオン軍ばかりやりたければそういう風に設定も出来ます。

自分の分身となるパイロットには階級+レベルがあり、戦闘を繰り返すことで上昇します。
上昇すると勲章などがもらえ、戦闘や報酬がグレードアップします。

また、MSは沢山の種類の機体が用意されておりますが、戦闘報酬の一つである設計図を集め100%になると作成できます。また、同じ機種でもLv違いのMSが用意されており(例えばザクII Lv1、ザクII Lv2・・・といった感じ。戦闘でLvアップしません。)各種パラーメータのが向上します。

機体集めも楽しい要素です。

また、MSは主兵装(ようするにメイン武器)やカスタムパーツをくっつけることができるので、同じ機種でも場合にあわせたカスタマイズが可能となっています。ちなみにある程度進めると期待のペイントなどもいじれるのでザクIISを赤く染めてあの大佐のようになることも出来ます。(が悪目立ちするので実力が伴っていないと両軍から標的に・・・)

戦闘そのものはフィールドに自軍と敵軍の拠点があり、その他中継拠点を制圧や敵拠点の制圧をねらいつつ敵MSを撃破します。1回の戦闘は8分間で丁度良い長さとなっております。
敵MSを撃破したときや地点の制圧などで加算されるポイントの多いチームの勝利となります。
なお、MSを撃破したときにはいるポイントはその敵の出撃コストに影響しており、概ね高性能な機体ほどコストが高く大変ですが強い敵を倒すほどポイントが高くなっております。逆にへたくそなのに高コストのMSで単身つっこんでやられまくると地雷扱いですw。

ゲームし始めは保有機体も少なく操作もなれないのであっさりやられまくりますが、最初の階級のときだけ参加できる特別なフィールドで繰り返し遊ぶことで次第にコツがつかめてきます。序盤~中盤は機体の性能差が力関係に対しかなり大きな要素となりますが、徐々に中の人の腕次第という感じに変化していくそうです。

とまぁ、お手軽に楽しめますので、まだプレイしたことのない人は基本無料ですから是非どうぞ。

ちなみに、課金については入門時点ではほぼ不要で、初心者レベルからは出撃用に消費するエネルギーを購入することが多いと思います。キャンペーン時には1プレイおおよそ60円ぐらいなのでゲームセンターで遊ぶことを考えればまぁ良心的かなという価格。

そのほかには設計図が手に入りやすくなったり経験値が増えるといったブースター。
機体のカスタムパーツをつけるスロットを増やすハンガー。
Lv5以上の機体を開発するなとといった場面で500円未満の課金ポイントがありますが、必須ではありません。

なすこはまだまだ遊べそうです。

ではジーク・ジオン!
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2013-06-26 12:32 | ブーム

閃乱カグラ shinovi versus ~更衣室で全破壊~

なすこです。

おっぱいバレー。ちがう、おっぱい格闘ゲームの閃乱カグラ Shinovi versusですが、先頃バージョンアップされました。現在は1.03のはず1.02だったかなからなんと更衣室で全破壊が出来るようになったそうです。
これまでも下着スタートじゃなければ、シコシコこすってると着衣が破壊されてはいましたが、3段階破壊まではいけませんでした。最新バージョンでは、下着スタートも含め3段階破壊可能となりました。
ただし、ココで注意点。おおよそ800連閃ほどこすらないとイケないのですが、上下どちらかが3段階破壊状態で放置すると大道寺さんのお叱りとともにリセットされてしまうそうで、一生懸命擦り続けましょう。

ま、とりあえず見えないものは見えないのでホドホドにね。

とはいえゲーム中では決して見ることのできないアングルから全破壊状態をめでる(?)ことができるのは良いのかな???



あ、それと追加DLC(有料)でアクセサリーや衣服の追加がありました。
また、ついに大道寺さんとか追加2キャラも実装されました。1,000円とかちょっと高価なきもしますが、やってみたい人はお小遣いと相談してダウンロードしてみましょうね。

んじゃちょこっとニュースでしたっ。
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2013-04-08 21:27 | ブーム

ファンタジーライフ その3 ~世渡り上手?~

なすこです。
何となくのまとめ。



※当記事は70時間ぐらいファンタジールで生活した、無計画プレイヤーの所感です。
 皆さんは好き勝手に遊んでOKです。



【ライフの分類】
ライフは全部で12種類ありますが、分類すると(1)戦闘(2)採取(3)生産の3分類することができます。
メニューのライセンス欄を見ると上段が戦闘、中段が採取、下段生産となっております。

【ライフの関連】
ライセンス欄に並んでいるライフのうち、縦3ライフは関連があります。関連ライフがマスター以上になるとその戦闘系ライフの武器?だったかなオマケがゲットできるとかできないとか・・・。
まずはどれかの縦を3つマスター以上を目指すとよいかもです。。

【最初はどれ?】
12もあって迷うな~(汗)って人はとりあえず王国兵士を選びましょう。盾のスキルがあると、採取系や生産系ライフがかなり楽になります。特に採取系は目的の鉱石、木、釣り場にいく為にどうしても倒さなきゃならない強敵がいたりして、そういうときにナイフ一本でもモチロン何とかなりますが、盾があるとよいですね。
武器については短剣でも片手剣(装備可能上限あり)でもよいですが、王国兵士でレベルやパラーメータ等が充実した状態でスタートできると同じ採取ライフでも印象は異なります。

【スキルの掛け持ち?】
ファンタジーライフでは一度覚えたスキルは他のライフでも同じように使えます。メインライフじゃないことによるペナルティはマスタークラスまでならLvUPに伴うパラメータ振り分けをよほどへんなことしてない限りは気にならない程度です。この辺が楽チン設計だなぁと感じるのですが、たとえばフィールドで採集する場合、一度も木こりをやったことがないひとは、レアな木に出くわしても指をくわえてみてるしかなかったのですが、とりあえずオノが装備できるまで進めておけば、採掘師であっても木が切れます。しかもそのためにわざわざ装備を変更する必要も無く、複数のライフ用ツール(つるはしや竿など)を同時に装備できるのでかなりフレンドリーな感じでよし!です。

【生産系は戦闘いらず】
素材の入手ルートがある場合、生産系は戦闘不要です。もし王国兵士や採取を既にある程度やっている場合は、素材がタップリのこっているかもしれませんが、こういう素材を上手にやりくりしていけばマスターぐらいならほとんどお金が掛からずあげられちゃいます。
さらには転職を生産系の横移動でコロコロ変えて渡り歩けばさらに効率がよくなると思います。

【お金がない;;】
戦闘系ライフは装備の充実が進行しやすさを左右します。
とはいえ採取や生産をやらないとあまりお金は貯めづらい状況にもあると思います。
そんなときは他のライフに転職してみるのも手です。特に鍛冶があると、同じ名前の武具でもかなり強さが異なるものが割りと簡単に出来てしまうので、高いお金を出してお店から購入するのがちょっと勿体無いと感じることがあります。
ただし、鍛冶をやるには最低でも採掘は経験しておいたほうがよいです。

【ライフは複数やるほど便利に】
というわけで、ファンタジーライフでは複数のライフを同時並行的に遊ぶほうが断然楽しめるということになると思います。



【でなすこは?】
魔法系は他の9ライフに比べてベクトルがだいぶ違うので、そっちは後まわしにして、現在木こりを絶賛ファンタジー中です。採取と生産系の6ライフマスターまでなら(調理や錬金はあとまわし)だと、多分、木こり⇒木工⇒裁縫⇒採掘⇒鍛冶⇒釣りって順はどうでしょう?釣りはやってもやらなくてもよさげですが・・・。

まだまだ遊べそうです。

んでは~
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2013-04-01 10:47 | ブーム

ファンタジーライフ その2

採掘師⇒傭兵⇒狩人とやって、現在王国兵士をプレイ中です。

採掘師で一通りメインシナリオをクリアしていたため、傭兵以降は全てライフギルドのクエストばかり消化することになります。購入できる防具やアクセサリは装備可能ライフであれば、装備可能になっておりました。なので各ライフの序盤はとても楽に進められます。ただし、武器については装備可能条件にスキルがありますので、いきなり最強の武器!というのは無理です。(戦闘職限定。それ以外のライフでは基本的には短剣(他ライフ経験済みの場合は条件を満たせば他武器も可能)を装備しますのでいきなり武器も最強スタート可能)
とりあえず防具については盾以外はドラゴン系とルーン系があればOKな感じかも?!



この4つのライフでライフギルドクエストを実施するのが大変だったのは1つ目のライフだった採掘師と狩人でした。最初のライフは購入できる装備品が限られている為、なかなか倒せない敵や、破壊できない採掘ポイントが沢山あり大変です。狩人の場合は攻撃力が低く、敵のつよさが適正なのかどうかの判断が難しく、遠隔攻撃なのでやられちゃう危険性は低いもののひたすら長期戦で疲れました・・・。でんせつでもらえる武器は強いのですが、とき既に遅しと言う感じ・・・追加DLCがないとちょっともったいないですね。



もうすぐ王国兵士も終わりそうなので、次は生産系に手をだしてみようかなと思います。
まだまだ遊べるのでお得なソフトだなぁという感じ。
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2013-03-29 10:53 | ブーム

ファンタジーライフ

なすこです。VITA VITA言っておりましたが、突然3DSです。

ドラゴンクエスト7の方が圧倒的に話題になっておりましたが、いわゆる復刻版ですが、このシリーズも7までくると、思い入れがなくなってしまい他のソフトと同列です。

多分沢山売れるならあわててやる必要もないかなぁというのがナスコの感覚。

ですので、どうせ購入するなら面白そうなものを、ということで選んだのが今回のエントリであるファンタジーライフです。



ファンタジーライフはレイトン教授シリーズですっかり認知されることとなったレベルファイブの箱庭RPGです。自由度の高さでいえば任天堂さんのどうぶつの森シリーズがありますが、あれは目的すら自分でたててマッタリライフを楽しむのでなすこにはあまりなじみませんでした。

一方ガチガチの一本道RPGもどうも気分じゃないというところで、新タイトルでもあるファンタジーライフということです。

ゲームの舞台はファンタジールという世界です。ここでは様々な職業(ライフと呼ぶ)を持った人々が暮らし、自分もその中の一員としてライフを極めます。一方ひょんなことからであった「ちょうちょう(蝶)」となんとなく世界を救うハメにもなり、これがメインシナリオとなります。で、ライフ毎のクエストやライフに関係なくまちのひとなどから依頼されるクエストをこなしていくというまぁよくあるといえばよくある感じです。オブリビオンやスカイリムあるいはGTAほど自由度は高くないですが、程よい不自由さが妙に安心感てかんじのお手軽ゲームです。



なすこは採掘師からスタートし、メインシナリオをクリアして、第2のライフとして傭兵をやっております。
なお、採掘師や釣り師ほか生産系のライフでも弱めの武器で戦闘もできますし、レベルと装備品がそれなりならメインシナリオをクリアできます。一方傭兵などの戦闘系なら強敵と戦うクエストが充実しているので楽しいです。どうやってもモチロンOKですが、勝手にオススメすると、まずは生産系をある程度やってから戦闘系に変えるのが良いのではないでしょうか?

というのもいきなり戦闘系のみでやろうとするとフィールド上の採集ポイントを指をくわえてみるだけになったりしてちょっともったいないです。例えば最低限採掘師でつるはしが装備できるようになっていると、比較的高額で売却でき沢山とれる鉱石が採れるので、これは資金源として非常に重要となります。

なお、なすこは採掘師オンリーでメインシナリオをこなしたため、採掘スキルは上限の15まで上がりました。なので今傭兵ですが、つるはしも普通に色んな鉱石にトライできるため、資金的には困りません。



平均的に全ライフを上げる方法も考えられますが、その辺はお好みで。どちらかというとなすこ式のほうが2ライフ目からはやり込み要素的に楽しめるのでいいかなぁとおもいます。
一方でいきなりほぼ最強?装備を手に出来てしまうため2ライフ目以降のこなす感はちょっともったいない気もします。

延々と遊び続けるという感じでもありませんが、ライフはたしか20種類ぐらいあるので各ライフのクエストをやっていくだけでも結構なボリュームがあって御得ですねっ。
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2013-03-18 09:46 | ブーム

Ibanez S5470Qゲット~

イロイロ遊べるギターが欲しいなぁ。と思いつつ、なかなかこれといったものが見つからなかったのですが、近所の楽器屋さんで見かけたIbanezのS5470Qというモデルがカッコよかった(+可愛い)ので購入しました。

5年ぐらい前に発売されたモデルだと思いますが、極薄の24Fネック(ローズ指板)とボディ(アーチドトップのキルティッドメイプルトップにマホガニーバック)も極薄なので超軽量。でダブルロック式。なすこ初の本格的アーム付きメタルギタ~!見た目は最高です。ボディ色はキルティッドメイプルがピンク色のようなチェリーなんとかっていうカラーでマッチングヘッド。クロームカラーパーツにパッシブ系のH-S-H(レバー式の5ポジションスイッチ)をエスカッションマウント。ピンクと黒のコントラストがキュートです。ブルーやサンバーストカラーなどカラー違いなどもありますが、この色はなかなか珍しいかも?!うーむ完璧。

同社のシグネチャーであるDoragonforceのハーマン・リーモデルのベースになっているみたいなギターです。

オマケにもらったHistory社のシールドもかなり高品質で、良い感じ。

ちなみに購入価格は¥170,000ぐらいでした。大好きなDTのJPモデルはあこがれですが、モデルチェンジが激しいのとこの倍はする価格はさすがに・・・

他のギターとともに大事にしたいと思います。当面ギターはもういいや!というか購入できない。
てことでもちょっと練習頑張るぞー
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2013-02-04 10:13 | ブーム

最近読んだ本

なすこです。最近読んだ本をざっとご紹介。
どれも読みやすいものばかりで、小説が苦手な人にもオススメかなっ。

1:旅猫レポート(有川浩)
 ご主人とその猫のお話。夏目漱石さんの「我輩は猫である」の「猫」のように猫がストーリーテラーになってあちこちを旅するお話。

2:三匹のおっさんリターンズ(有川浩)
 三匹のおっさん第2弾。定年をむかえた「おっさん」が有り余る体力と情熱をご近所の見回りで解消するというお話。キャラクターは魅力的ではないものの、お話としてはとても面白いですよ。ラブコメじゃなくものの割り切り方にも光る有川節に共感できるひとはぜひ。

3:空とぶ広報室(有川浩)
 ちょっと変り種の国防もの。空自の広報室に配属となった元パイロットのお仕事の話。県庁おもてなし課が気に入った人なら楽しめると思います。

4:魔法使いは完全犯罪の夢をみるか?(東川篤也)
 ご存知謎解きはディナーの後での東川篤也さんのミステリー。つくりも謎解きのような短編なので読みやすい。

5:謎解きはディナーの後で3(東川篤也)
 代表作の第3弾。なんとなく物足りなさが漂いますがまぁファンならとりあえず読んでみましょうかというかんじ。

6:珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を(岡崎 琢磨)
 2011年このミス隠し玉。京都の隠れ家的カフェを舞台に綴る物語。個人的にも超お気に入り。

7:浜村渚の計算ノート、2さつめ、3さつめ、3と1/2さつめ(青柳碧人)
 数学をテーマにしたミステリ。パズル的要素が濃く、小説としてはまだまだといった1作目ですが、2、3、3+1/2としり上がりに良い感じに。パズル好きなら是非!

8:真夜中のパン屋さん 0時、1時、2時(大沼紀子)
 三軒茶屋あたりに夜にオープンするパン屋を舞台としたミステリ。6のタレーランとセットでカフェに行きたくなるかも?!オススメ!!



正直いうと東川さんの作品はちょっと物足りない印象。それ以外はどれも壷。今回も当たりばかりひけてラッキーです。
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2013-01-21 17:43 | ブーム

粒ガムのはてな

なすこです。
驚きのみみっちぃネタ。



25年ほど昔はチューインガムといえば、板状のガムがほとんどでしたが、現在は粒状のもの、中間ぐらいのイメージになるスティックタイプとバリエーションが増えました。

さて、この粒ガムのうち、ポットではなく、バータイプ(板ガムのようなパッケージ)の一般的なパッケージについてです。

<仲間割れは先/後?>
外装を開ける用に概ね「あけくち」と書かれた「耳」をクルリと引っ張りまわすと開けるのはよいのですが、必ず1つ仲間はずれというか、泣き分かれになる1粒がありますよね?私は一番最初に食べてしまうのですが、結構最後or後半までとっておく人が居るのを聞いて驚きました。皆さんはどうですか?

<内装ちっちゃくね?>
食べ終わったガムを捨てる際、紙などにくるんで捨てないとクズ入れの中がねちゃっとなってだめですよね?で内装の主に銀色の紙で包むと思いますが、あの紙包むのにはちょっと寸足らずじゃないですか?
なすこは一度に2~3個口に入れちゃうのですが、わざわざ複数の紙をとっておかないので、大体足りなくなります。キシリッシュなんかはこの紙がわざわざ2倍程度の面積の紙を折りたたんで用意してくれているので、便利です。でもこのサービスは少数派ですね。

<外装のつぶし方>
1.最初開けるときに仲間割れごと本体側と分断しちゃいます?つないだままにしておきます?
2.粒が減っても外装はなるべく元サイズのまましごくように出します?内容が減るに従って外装もちぎってコンパクトにします?

以上
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2013-01-17 12:27 | ブーム

なすこ(Anastacia)だよ~。
by KusanaghiMotoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

最新のトラックバック

■■■+++恋愛バトン+..
from ロデム返信!
「○×バトン」
from ロデム返信!

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな