なすこの普通紙FFax

<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

3DSとわたし

予約が殺到!でも任天堂は赤字!
2011/2/26発売で話題のNitendo 3DSですが、
定価である25,000円で購入できません。

とはいえAmazon以外のネットショップから購入するのは
精神的に嫌というわがままさんですからしょうがないですね。

とりあえず、私が見たので最高値は55,000円前後だったかな~。

仮に25,000円で購入して転売したとしても単純に3万も儲かっちゃう!
なんて素敵な錬金術!



対するソニー率いるPSP陣営といえば、今月27日についにPSPの
後継機種であるPSP2(仮称)が発表されるそうです。
おおよそ半年後の発売ではないかと私個人は予想しておりますので、
実際にプレイできるのは今年の夏休み明けか出荷数によってはクリスマスまで
待たなきゃなのかもですね。

完全なる互換性があるならソニエリから発売されるとうわさのある
3G接続可能(ただしケータイ機能は無いらしい)なPSP Phone(仮称)でも
いい気がします。



話を3DSに戻しますが、TVCMを見たんですが・・・
いまやSMAPを上回る人気の嵐を起用したCMですが、
どうもしっくりきません。なんというか・・・「勿体つけすぎ?」
しかも立体視に限った情報しか扱っていないのも気になります。

そもそも3DSっていったい何がすごいのでしょうか?
裸眼立体視(というのかしりませんが)、グラフィック処理性能が飛躍的に向上したこと
通信機能の充実・・・DSに比べたら圧倒しているとは思います。
ですが・・・美しい映像や処理速度の向上で果たして新しい体験を提供してくれるものなのでしょうか?
また、開発者のクリエイティビティをくすぐる革新的なプラットフォーム足りえるか?

冷静に考えると期待薄です。

「子供向け」といっては各所からお叱りをうけるかもしれませんが、
私が子供のころから知っている任天堂のゲーム機ってもっと違う方向性だったと思います。
DSってタッチペンによるUIを利用したソフトの出現により
これまで「ゲーム」に関心のない層まで訴求力があったと思います。
(とはいえ彼らが購入したソフトがゲームであったかどうかは別の話・・・)
またWiiってファミコンですよね!少なくともNintendoがリリースするWiiソフトって
ファミリーをしっかりターゲットにしてた。
引きこもってぶつぶついいながらという不健康なイメージを払拭することに
成功もしていると思います。
どちらかにより「ゲーム機のある生活」というものをうまく認知させたと思います。

ビジュアルといえば「3D真っ盛り」の2010~2011であるのは分かります。
んでもなんか3DSて豪華なDSとしか思えない。

そう思ってTVCMを見直すと・・・
「3DSの最大の特徴は3D映像です!(それしか目新しいものはありません!)」という気が・・・。
私自身3DSそのものではありませんが、一部のスマートフォンで立体視は体験したところで
では「すごい!奥行きがある!」と素直に感じそれはそれで感動的ではありました。
でも立体的なものがそこにあるというより、レイヤーがあるという感覚に近かったかなぁ~っと。
3DSでは側面が見れる!というのなら面白いと思います。

映像面が新しさとしてぬきんでているというのは
3DSはDSの手法でソフトを作成しても特に違和感がないことでもありますので
サードパーティから沢山のソフトが生まれる可能性はあります。
願わくは立体化されただけの焼き直しソフトの乱発だけは勘弁して欲しいです。
特にスクエニあたり!!!



というわけで予約できない負け惜しみかもしれませんが、
売れるとは思うし、映像だけみてもスペックは圧倒的だけど!だけど~~~

まぁいつかでいいや・・・。
と思うんですが皆さんいかが??
[PR]
by kusanaghimotoko | 2011-01-24 23:28 | ちょこっとニュース

アケオメ

なすこです。

人畜無害な話ですが、昨年のクリスマスあたりを境に
まったくヴァナインしておりません。

誰も困ってないよね?

それだけ~。



そんなこんなで2011年明けちゃいましたね。
あけましておめでとうございます。

年末年始にかけてマツコ・デラックスを見ない日はないという
ぐらい見てた気がします。なんだか飽きました。

あと高島彩アナ退社にともない、加藤綾子アナの勢いがすごいです。
個人的には…素敵だなぁとおもっております。目覚ましテレビ以外では
なかなかニュースを読む機会が与えられないみたいですが、
アナウンサーではなく女性タレントとして見られるのではないでしょうか?
そういう視点で見ると、よく見かけるバラエティタレントと比べて
TV局にとってはこれほど良い人材もいないですよね。
あ、もちろん素のカトパンさんがどんな人だとかいったことは
仕事には関係ない話ですし、そもそもしらないから評価基準には
含めておりません。

無条件に楽しそうなあの表情がうらやましい。見習いたいものです。

とはいえ、だめな人はだめみたいですね。好みって難しい。



TVネタでは絶対笑ってはいけない○○が大晦日にやってましたけど、
構えて見るとどうも笑えない。むしろ未公開とかいって毎年公開している
30分番組内でのダイジェスト的なもののほうがよほど楽しい。
なんていうか密度が違う。すべらない話も面白いですよ、
でもねもう良いんじゃないかなって。

IPPONグランプリは既に終了の気配。深夜枠からは出ないほうが・・・
とりあええず笑いに一番つけてもね・・・。

そういう意味ではM-1の終了は、ぜんぜんしらなかったからなのでしょうか、
絶妙なタイミングで幕引きしたとおもいます。
ただ、どうせ来年同じような番組をやるんでしょうけど・・・。

○-1といえばF-1グランプリ⇒K-1グランプリそしてM-1グランプリという
流れですが、お笑いに順位づけをしようというのは別に目新しいことはなにも
無かったわけですから、M-1グランプリの功績は「○-1グランプリ」を
広めたことにあると思っています。

なんてどうでもいっか。

笑い飯の面白さについては、私目線ではチャンピオンて感じでは無かったです。
とはいえ、ノンスタイルも面白いかなぁ・・・って感じてたなすこの基準は
変なのでどうでも良いですね。

パンクブーブーの方が面白かったなぁ。決勝・優勝決定戦で同じようなネタを持って
きちゃったことが悔やまれます。なんつって、誰が優勝でも楽しい話が聞けるなら
それだけで大歓迎。

てことで、TV(お笑い)ばっかりみてたきがする!



何冊か本は読んだけれど、最近読んだものではなく以前読んだけれど
なぜか心に引っかかったものを・・・
とはいえ有川 浩さんの作品「ストーリー・セラー」ABの2部構成です。
重たさを感じさせない有川さんの物語では割と異質な重めの作品。

「世の中には書ける人と書けない人がいる」なんていう台詞もオトナが言うと
洒落にならない。

イエ文句を言っているのではないんですよ。良い作品です。

あえていうなら、才能やセンスが無いから書けないのではない。
書かないから書けない。ただそれだけだ。と私は思います。

大好きな人から届いた、あなたのために書かれたラブレター。
それらの一文字一文字は、あなたを何より幸せにしてくれる
世界一の物語。だから誰でも書けるんだよきっと。ナンテネ。



毎年そうですが、2011年を迎えてヴァナについては特に何かをやるといった
意気込みはな~んにもありません。

リアルも気張ったことは考えてません。
あ~、面倒くさい人とは付き合わない。これは徹底しないといけないかも!

てことで、コトヨロリンコ。
[PR]
by kusanaghimotoko | 2011-01-12 18:22 | ちょこっとニュース

なすこ(Anastacia)だよ~。
by KusanaghiMotoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

最新のトラックバック

■■■+++恋愛バトン+..
from ロデム返信!
「○×バトン」
from ロデム返信!

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな