なすこの普通紙FFax

<   2011年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

FF11FTdays4,5,6~ジュノまで~

おさらい

2011/10/20から再開されましたFF11の14日間無料体験サービスフリートライアルforWindowsでなつかしのヴァナディール体験しよう!

で、14日間でエキストラJOBの一つである獣使いを取得し、フリートライアル版のLv上限である30を目指すというものです。

3日目終了時点でシーフがLv14でした。



さて4日目

どうにもギルが稼ぎづらいため、装備品頼りのシーフでは辛い状況でした。たとえば「丁度」表示の敵では死ぬか生きるかって感じですし、楽でも1戦1戦が辛い状況です。

短剣の場合、鳥と戦うのがこちらにとって相性がよいのですが、ウィンダス周辺で手ごろな鳥というとタロンギ渓谷のBaですかね。

ただ、この敵相手にしててもお金になりません。確かにFoVの報酬というのも良いのですが、約1時間に1回しだけ貰えるので、Lv15付近の武器・防具がおおよそ1つ2,000ギル以上のものになるので、Lvに見合った装備には到底及びません。

このままでは、たとえLv18を迎えてもサポートJOB取得の敵には歯が立たないですし、このままシーフで粘っていても期限が迫るという状況でした。

ということでとりあえずシーフがLv15に上がったところで、特に考えはありませんでしたが、心機一転モンクでLv1からやり直すことに。

レベル上げの合間にハロウィンイベント期間のアーリマンを倒すイベントでもらったサンドリア・バストゥーク・ウィンダスそれぞれにワープできる首飾りもあるので、心機一転ついでにサンドリアに拠点を変えてみることに。

サンドリアにした理由は、南サンドリアで受けられる野兎の毛皮を4枚セットでトレードすると150ギルもらえる、繰り返し可能なクエストが手軽でよいかなぁとおもったからです。

野兎の毛皮は東・西ロンフォールのウサギを倒すことで、かなりの確率でもらえます。

というわけで、初期装備に戻して東ロンフォールにてFoVを絡めて、Forest Hareを倒すだけの奴を受けます。順調に回数をこなし、あっという間にLv10くらいに。

ギルはシーフでやっていた頃に比べたら、FoVも繰り返しやっているのが良い感じでためやすい印象です。Lv11で装備可能となるブラスシリーズの防具を頑張ってそろえます。
倒せるようになった頃にFoVを切替え、カブトムシと羊を倒す奴に変えましたが、これは大羊の毛皮を3枚渡すクエストをクリアする為です。※クリアする必要は特にありませんが、持ってなければレザー装備の小手がもらえます。売って資金にします。

5日目

Lv15ぐらいになって飽きたのもあり、竜王ランペールの墓に移動しました。

ここでGoVに挑戦です。

なんとなく道順は記憶に残っていたので、適当に歩いて地上→地下→地上→地下。そこに楽~おなつよぐらいのコウモリ、ミミズ、ゴブリンがいます。
最初はミミズとコウモリの自主訓練を選び、ミミズが全て「練習相手にならない」になったら、ゴブリン3種の頁に変更します。ミミズやコウモリに比べたら、ゴブリン(特に暗黒騎士タイプのT)の方が強いので、注意です。

なんて感じでLvが18になったとき、突然tellをもらいます。

Lv18といえばサポートJOB取得のクエが受けられるということで、サポートJOBが付いてないことを見かけた方から手伝いましょうか?との申し出を頂きました。ラッキーです。



「折角の申し出は断ってはいけない」というのが今は亡き母の遺言です。※母は元気です。

プレイヤーさんによっては、手伝って貰うことに背徳感を覚えたり、余計なお世話と感じる方もいるとは思います。なすこの場合、14日間の限定プレイで手伝ってもらってさようならというのもなんだか気が引けましたが、それより何より、素性を知らないタルタルに声をわざわざ掛けてくださった方のご好意を無駄にするほうが気が引けました。それは喩えて言うなら、旅先でふらっと立ち寄った個人経営のパン屋さんでポイントカード(ハンコおす簡単なやつ)作りますか?って聞かれて、うれしそうに「お願いします!」と答えるようなものです。※たぶん違います。

たとえば、じっくり「ストーリーを味わいたいから」だったり、「苦労してクリアしたいんだ!」っていう一種のポリシーがあってもいいと思います。ですが10年近い歴史の中で、さまざまなクエストやミッションが山盛りのFF11において、一つや二つ誰かの敷いたレールに乗ったからって何も問題無いと思います。

とりあえず、申し出に対する遠慮は美徳ではないと最近強く感じます。※同じ方ばかりにお願いするのは違うと思います。ですから、「申し出があった場合」に限定します。



ここでサポートJOBについて概要を説明いたします。FF11の特徴的な仕組みです。まず、FF11には全20種類のJOBが存在します。キャラクターそのものにLvはなく、JOBにLvがあります。つまりその職業の熟練度というのがFF11におけるLvの概念ですね。メインJOBとは現在選択しているJOBに過ぎずモグハウスなど、特定の場所で、いくらでも変更可能です。心のメインJOBなんていうのもあります。サポートJOBとは、現在選択中のJOBに対し、もう一つ別のJOBの特性を反映できるということです。たとえば戦士は本来魔法を使えませんが、サポートJOBに白魔導士(回復魔法が得意)を適用すると、回復魔法が使える戦士になるといった具合です。

ただし、サポートJOBに選択したJOBのLvはメインに選択したJOBの半分までの性能となります。たとえば、先の例で、戦/白とした場合、戦士がLv30の場合は、白魔導士はLv15までの能力に制限されます。ケアルガはLv16のHP回復魔法ですが、これは使えないということです。
※なお、白魔導士がそもそもLv5ぐらいまでしかあげていなければ、幾らメインがLv30でもサポートJOBの白はLv5です。

この、380通りのメインJOB+サポートJOBの組み合わせにより個性的な立ち回りが可能となるわけです。



さてこのサポートJOBは特定のクエストをクリアしないと使えないので、取得クエストは誰もが通る名物クエストです。

ブブリム半島にあるマウラまたは、バルクルム砂丘にあるセルビナでクエストを受けます。
各都市で受領するクエストは別クエストですが、どちらか一方しか受けることが出来ません。
どちらのクエストも夜間に出没する敵の戦利品が含まれるため、難易度は変わらないように感じますが、セルビナの方だと、グスゲン鉱山にいけばいつでも存在するので、その点を評価して、セルビナを受けると良いと思います。

砂丘のトンボから、ガガンボの腹虫。
同じく砂丘のカニから、陸ガニのふんどし。
夜間の砂丘orグスゲン鉱山の、骨(Ghoul)から呪われたサレコウベ。

あっさりゲットです。

んで、その後、サレコウベを採る際に、立ち寄ったグスゲン入り口にいる骨が丁度とかだったため、レベル上げを再開しようと思ったところ、いっしょにやる?って感じで誘われました。

熟練のプレイヤーさんと一緒にレベル上げなどに参加すると、ものすごい勢いで経験値が増えるというのが予想されたのですが。こういう体験もヴァナディールにおいてはありえる話なので、これはこれで参加してみようと思います。「折角の申し出は断ってはいけない」というのが今は亡き父の遺言です。※父も元気です。

グスゲン鉱山でのLv上げはかつてなすこが盛んに遊んでいた頃のものとは異質なものでした。とはいえ、個人的には否定的にとらえていた、アスフロPTとも異なり、これが現代のFF11て感じで面白かったです。



以前のFF11でのLv上げといえば、バランスの取れた6人編成のパーティを組み、とてとて以上の敵をハイスピードで倒し、チェーンボーナスを稼ぐというものでした。このバランスの取れた6人というのが曲者で、効率的に稼ぐ為や楽に戦闘を進めるために、ある程度JOBが選別されてしまうことにもなっていました。

今回経験したものは、モンスターからの経験値ではなく、GoVの経験値ボーナスを主にしたものです。モンスターからの獲得経験値を主とする従来のLv上げでは、暗黙のうちにJOB縛りが起きます。パーティやアライアンスの人数が多いほどモンスターからの獲得経験値は目減りします。乱暴にいえば頭割りだからです。ですが、モンスターは倒してもすぐに再配置されるわけではない為、あまり人数が多すぎて一瞬にして倒してしまえるほどの戦力があっても、無駄になります。ですので、6人がもっとも効率的とされてきたのです。ところが、FoVやGoVの自主訓練クリア時に貰える経験値はアライアンスの誰であっても一律同じ経験値がもらえます。また、以前ですとヴァナ1日1回しか受けられなかったのですが、現在は繰り返し同じ訓練が出来ます。ですので、人数が多ければ多いほど楽になり、デメリットが無くなっていくのです。また、以前に導入されたレベルシンク制度のおかげで、自PT(アライアンスの場合でもそれぞれのPTでシンクしなければなりません)のLvを任意のプレイヤーのレベルに落とすことが出来るので、比較的広いレベルの範囲で延々と同じ狩場を利用し続けることも出来ます。

こんな気軽なLv上げがあったとは驚きです。

もし複数アカウントを持っていて同時操作可能な人がいて、且つLv50でも経験値が入る狩場が合ったら、限界突破クエストをクリアしないで、そのキャラクターを基準に延々同じ狩場でやることも可能です。
あるいはフリートライアルアカウントを使えばグスゲン鉱山で延々とできますね・・・。

時給(1時間あたりの獲得経験値・・・効率的なレベル上げの指数)を計算してませんでしたが、Lv18→Lv30まであがったのでtotal 60,000EXP。何時間やっていたか不明タル。

とりあえず気楽なことは間違いにゃい。



6日目

30になったことだし、いよいよ獣使い取得クエ。

のまえに、チョコボには乗れるようにしておきたいと思い、バスから涸れ谷へ。
4つとれたのでいざジュノへ。

ジュノ隣接エリアは絡みますので慎重に。

んで、ジュノでチョコボ育成のクエ発生・・・(泣)

は無視して、野菜渡すクエ開始。クリア。
つづいて、ハゲの息子さんを助けるぽいくえ。

・・・タコさんが邪魔で中断中。

以上
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2011-10-31 12:09 | 本日のなすこ

FF11FTdays3~Lv15とミッションなど~

おさらい

FF11のFT(フリートライアル)で14日間、蹴鯖(CerberusWorld)で遊んでみようとはじめてみました。
目標は14日間で獣使いをJOBを取得し、Lv30まで到達できるか?ってこと。
ウィンダススタートのタルタルシーフ。
2日目終了時点でLv11。
サブクエストのチュートリアルを実施。

3日目です。

Lvが11になりましたが、装備品や食事を十分買えるギルが無いため、ITEM/EXP率(要するに楽と優先的に戦い、戦利品獲得機会を増やす)を増やしことにしました。→戦利品はショップに売り資金を得ます。

競売やトレード販売が出来ない以上、店売り価格が高いものがうれしいのです。サルタバルタ周辺で店売り単価が高いのは通称:芋こと、Crawler(見た目はまんま巨大な芋虫)がたまに落とす絹糸。1つ200ギル程度と大盤振る舞いですが、確率が悪いのが難点。結論的には、FoVやGoVの自主訓練をやって、報酬のギルを当てにする。それとトレジャーキャスケット(戦闘終了後たまに出現する宝箱(茶色))を頑張って開錠する。ということにしました。

なお、トレジャーキャスケットからはまれにエヴォリスが得られます。課金プレイではほぼハズレアイテムですが、1ギルの価値が異常に高いFTにおいてはとてもうれしい価格です。後で調べて分かったのですが、これ店に売却するのではなく、リージョン(複数のエリアをまとめた単位(現実世界での関東地方とか東北地方とかの「地方」のイメージ))毎に1箇所あるアウトポスト(通称OP(おーぴー))に引き取って貰うのが最良の使い道。概ね700ギルぐらいもらえるそうです。FTにとってはハナヂがでるほどの高額価格です。

さてさて、奇しくもシーフ的トレジャーハンターライフとなってしまうのですが、ただ無為に戦っていても飽きがきそうなので、ここは一つミッションやクエストをやってみるのも一興かと思います。
※結果的には非常に手間でした・・・w



ウィンダスミッションは1,2をクリアして、3を受けたところまで進めました。
過去にやったことがあるもののまったく覚えていなかったのですが、少なくとも2つのミッションについては、会話内容をちゃんと聞いていれば、難しくない内容です。ただし、ところどころまったく歯が立たないLvの敵がいたりしますので、「とてとて」のモンスターがいるような場所は現時点では立ち入る必要の無い場所だと思いましょう。

そんなこんなで、Lvは14になり、短剣、格闘、回避はレベル毎の上限までは上げられております。なお、楽表示の敵でもレベル上限まで上がるようです。防具はレザー装備一式になりました。

ミッション3はヤグードの前線基地「ギデアス」で絡まれないぐらいのLvにならないとちょっと面倒かなぁと言う印象でした。

のでいずれまたにして、ウィンダス水の区にて帽子屋さんの広告塔になるようなクエストをやってみました。とりあえず水の区全てのNPC(ノンプレイヤーキャラクター(シナリオに沿って行動をするゲーム内にあらかじめ用意されているキャラクター))に話しかけるローラー作戦にて、報酬200ギル(と売れない帽子)がもらえました。途中色んなクエストが受けられるのでクエストをイロイロやってみたい人にとってはこのクエストは良いかもしれませんね。でずが、時間が掛かりすぎでした・・・。でもまぁそれもヨシ。

昨日ログアウトするラスト1時間は散々な結果で、まず、西サルタバルタ南東にある魔法塔にて、GoVの頁1→Four of xxx の4種類を1体ずつ倒せばOKというぱっとみヌルイものですが、装備や食事など充実していれば別ですが、ぼろぼろの使い古し装備ではどうにも強敵です。なにより複数体を同時に相手することになるので、適正レベル範囲内ではJOBや装備を選びます。

徒歩での移動もそこそこ時間を消費する上に、返り討ちにあっちゃって涙目。

Lv15まではGoVではありませんが、threeをペシペシやっているほうがよさそうな気もしました。
または、おそらく、タロンギでFoVが正解なのかも?

てことで、報酬ギルがほとんど得られなかった一日でした。

本日は以上。
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2011-10-28 12:11 | 本日のなすこ

FF11FTdays2

さて2日目です。

前回のおさらい。

FF11のFT(フリートライアル)で14日間、蹴鯖(CerberusWorld)で遊んでみようとはじめてみました。
目標は14日間で獣使いをJOBを取得し、Lv30まで到達できるか?ってこと。

キャラクターを作成して、いざって感じでした。



2日目~♪

ウィンダス森の区から東サルタバルタへの出口に相当する、東南に位置する門の傍にいるタルタル:Seleleさん(K-10)に話を聞きました。
※K-10は地図上の座標です。

経験値や1,000ギルもらえたりするのでやってみてはいかがでしょうか。

んで、このチュートリアル的なサブクエストをやるために東サルタバルタを拠点に、レベル上げをやりました。装備は初期の種族防具に、キャラクター選択で選んだJOBに応じて最初から持っている武器でLv7ぐらいまで利用しました。なすこの場合はシーフだった為、短剣でした。あ、それとタルタルでウィンダスだったため、指輪もカバンに入っていました。ほんの少しステータスがアップする指輪ですので無くても気にしない方向で一つ。

種族によって指輪がもらえる条件は以下の通りです。
ヒュームorガルカ→バストゥーク所属
エルバーン→サンドリア所属
タルタルorミスラ→ウィンダス所属



装備について
装備品は買っただけではカバンに入るだけで、装着されていません。
カバンに入っている装着は装備メニューにて行います。
ショートカットは「Ctrl+E」です。
普通に開始すると、武器や指輪は装着していない状態ですので忘れず装着しましょう。



戦闘について
詳細はチュートリアルサブクエストを参考にしてください。

打撃攻撃(近接攻撃)
1:モンスターを選んで(目的のモンスターが選択されるまでぽちぽちテンキーの「0」を押す)
2:Enter→戦闘メニューが開きます
3:「戦う」で決定。→武器を構えます
4:モンスターの傍で攻撃が届く位置まで移動することでボコボコボコッと殴ります。

2,3を簡素化するために、2で、「Ctrl+a」でもOKです。



現在、ハロウィンイベントでコウモリや目玉のお化け(アーリマン)が飛んでいますが、これはLv上げには関係ないので無視します。

装備品がしょぼいので、楽表示を中心にペチペチ。
ウィンダス森の区に続く門の傍にある浮かぶ本(FoVの自主訓練)も併用してモリモリレベルが上がります。内容は指定のモンスターを指定の数倒すことでクリアです。クリアすると経験値のボーナスがもらえます。また、ヴァナディール時間で1日(現実時間でおおよそ1時間)に1回ですが。「葉」と言う単位の、ある種のポイントやギルももらえます。経験値ボーナスなら何度ももらえます。どんどん活用しましょう。

敵からもらえたクリスタルもこの段階では非常に貴重な資金源ですので、溜め込んでおきます。

チュートリアルクエストをこなしながら、東サルタバルタでLv9位まで上がりましたら、東サルタバルタの北東からタロンギ峡谷でも戦えるようになっていました。

タロンギ峡谷で何でもいいからモンスターを1匹倒すという内容のチュートリアルクエストもクリアです。

次が最後のチュートリアルクエストで、タロンギ峡谷の中央よりやや北東にあるメアのゲートクリスタルをゲットしたところで、Lv10になりました。

FoVの報酬やクリスタルなどを売却して得たギルで、レザー防具や短剣、それと格闘武器も買ってみたりしました。武器はともかく防具を充実させるのは、ソロ活動では特に重要のはずです。とはいえ、余るほどの資金はありませんので、まずは楽表示なのに死に(正しくは、戦闘不能になる)そうになる!苦戦するなぁという時に防具を充実させ、負けることは無いだろうけれど、時間が掛かりすぎる気がする~って時には武器を強化するって具合で妥協のが良いでしょう。
お店はウィンダス港(ウィンダス森の区の南西から移動)の中央にある武器やさんと防具やさんから直接購入します。
売り子さんによって扱う商品が違うので注意。

なお、防具については防7とかそのまま防御力を反映しております。
武器はDというのが直接的なダメージに関連する内容で、隔がオートアタックの攻撃間隔を表し、大きいほどゆっくり攻撃します。なので、D値が高く、隔が小さい武器ほど、手数も多く、大きなダメージを稼げるということになります。※実際にはもっと複雑ですがとりあえず。

シーフの場合、短剣が得意です。他には片手剣や格闘が低レベルなうちは実用的です。
なすこは短剣を優先しつつ、戦闘スキルが上がらなくなったら格闘も使いました。

近接攻撃ではTPというポイントが溜まると、ウェポンスキル(必殺技みたいなもの)が使えます。
んで、Lvとは別に各武器の種類毎の熟練値のようなものですが、「戦闘スキル」が一定度上がると新たなウェポンスキルを習得します。戦闘スキルはLvやJOB毎に上限値がありまして、Lv10では30前後です。戦闘スキル30前後でシーフが使えるのは、短剣だとワスプスティング(んまぁ蜂の一刺しみたいな感じですかね。)という追加効果に毒があるものだけです。
片手剣の場合は、2回攻撃となるファストブレードや、バーニングブレードがいい感じ。
格闘は本来得意武器ではないのですが、3回攻撃のコンボが非常に強力なためおススメです。

てことで、とりあえずチュートリアルサブクエストは完了して、Lv11まで上がったところで2日目終了。
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2011-10-27 12:54 | 本日のなすこ

ファイナルファンタジー11 フリートライアル2011年バージョンやってみよう!

ご挨拶
ファイナルファンタジー11(以下FF11)では現在、2011/10/20から再開されたフリートライアルが遊べます。

このフリートライアル、無料で14日間、FF11を遊べるというもので、9年以上サービスされているものの、他のファイナルファンタジーシリーズと異なり、オンラインゲームで、世界中のプレイヤーが集う・・・いわゆるMMORPGです。ケータイによるソーシャルゲームが(実際のところ知りませんが、)盛り上がっているため、オンラインゲームそのものの精神的敷居は下がっていると思いますし、PCの要求スペックも今となっては市販のネットブック標準状態でも十分遊べるほどに時代は進んでおります。屋外で気軽にというようなゲームではありませんが、誰でも遊べる時代がきたってことで、遊んでみるのもいいかと思います。

かく言うなすこも、7年間は熱心にログインしては遊んでおりましたし、ずっとプレイし続けているプレイヤーさんも世界中に沢山います。

そんなFF11にこれからトライする人たちの道しるべになるかどうかは甚だ疑問ですが、FF11ってこんな世界だよ!ってことをプレイ日記から感じて少しでも興味をもってもらえたら、私が愛したヴァナ・ディール(FF11の世界のこと)へちょっぴり恩返しができるかなぁと期待します。



てことを名目に14日間だけではあるものの思いっきり遊ぶぞ宣言をするのでありました。
なお、なすこはFF11プレイに当たり、マウスやゲームパッドは一切使いません。
ので、キーボード上での操作についてのみちょいちょい触れて行きたいと思います。



第1日目~キャラクター作成~
FF11の舞台となる世界「ヴァナ・ディール」をプレイヤーの分身となって活躍するキャラクターを作りま~す。

なすこは愛くるしい姿が特徴のタルタル♂を選びました。
とはいえ、FF11のキャラクターメイキングで出来ることは、1:種族+性別の選択、2:顔の選択、3:髪などの色の選択、4:大中小のサイズ選択位です。なおジョブ(職業)についてはゲーム中に自由に変更できますので、何でもOKです。
なので同じ顔のプレイヤーに出会うことは非常によーーーーーくありますが、その辺は気にせず。

ワールドは伝統あるCerberus(ケルベロス)。
名前は、とりあえずブログ上では非公開。あまり人と関わると、別れが辛いので(笑)
最後に所属国としてWindurst(ウィンダス連邦)を選んでとーーーーうっ!



目標設定
さて、FF11を14日間でどう遊ぼうか考えます。
とりあえず、獣使いでLv30まで上げるというのを目標にします。
その後、試遊期間が残っていれば、クエストなどをやってみようと思いまーす。

で、予定は以下の通り。
1:シーフでLv20ぐらいまで上げる
2:サポートJOB取得クエスト
3:戦/シでLv30まで頑張る
4:獣使い取得クエストに挑戦

もし4が無理なら初期JOB6種ALL30でも良いような気がします。



というわけでスタート
冒険者優待券を50ギルに替えまーす。

スタート時点での所持金は10ギルしかなく、何も買えません。それが60ギルになったところで焼け石に水ではあるものの、とりあえず釣りがしたい人は竿と餌が買えるかもしれません。買えなくても知りません(笑)

んではこの冒険者優待券ですが、勝手に持ち物の中に入っています。
まずは持ち物(Item)を調べましょう。Ctrl+Iでカバンに入っている、アイテム一覧が表示されます。
冒険者優待券のほかに装備品が入っていると思います。
アイテム一覧などメニュー画面を開いたのを閉じる場合はEscキーをとりあえず連打しておけばよろしい。

次に地図を開きましょう。地図はCtrl+m(←これは魔法呼び出しショートカットでした。)テンキーの「-」でメインメニューを呼び出して地図で良いと思います。マクロコマンドを使う方法だと、スペースキーを1回おして、チャットウィンドウを表示して、「/map」→「Enter」で出来たと思います。
なすこの場合、ウィンダス森の区スタートだったので、オープニングで猫っぽい人からいじめられてたところを助けてくれたタルタルの言葉をちゃんと読んでればいけるハズ。地図に印をつけといたので、その人に冒険者優待券を渡せってことだったはず。
んで、地図の右上になんか横長の棒みたいなものが縦にいくつか並んでいると思いますが、カーソルキーの→か←をぽちぽち押していると緑色のときにJackというのが現れて、地図のどこかに緑色の印が浮かびました。これを頼りにJackなる人物にさっきの冒険者優待券を渡しにいきましょう。

一旦地図を閉じて(例によってEscキー)地図で見たJackのところに向かうと、噴水のような水場があると思います。そしてワラでつくったようなロボットのようなそういうファンタジーな生き物(?)がいますね?
名前がJackなんとかだったかなんとかJackだったか覚えていませんが、とにかくそれが優待券を渡すべきカカシです。

アイテムの渡し方として「トレード」という方法をご紹介。
トレードは自分の持っているアイテムを相手に渡す操作です。
お互いに持ち物を交換することも出来ます。フリートライアルでは他のプレイヤーとのトレードは出来ません。まずは先ほどのカバンの中身を見る操作、Ctrl+Iをします。
んで冒険者優待券にカーソルキーの上下などで合わせて、Enter。そうするとサブメニューが表示されますので、そこでトレードを選んでください。トレードを選ぶと今度は自分の一番傍にいるキャラクターに▽こんなようなアイコンが付きます。それが目的の相手だったらもう一度Enterです。あらかじめ相手テンキーの0などで選んでおいてからアイテム欄→トレードって順でも出来たはずです。

ああああ、操作方法の説明めんどくさーーーい。

よし、イロイロはしょります。

50ギルもらったら、次はカカシの居た噴水広場からマップでいうと右の方にいきましょう。
立派な門がみえたら、向かって左の柱にいるタルタルに話しかけてチュートリアル的なクエストを受けます。
門の周りにちっこいのが沢山いますので分からなければ片っ端から話しかけます。
あとはそのチュートリアル的なものにしたがって進めていきましょう。

とりあえず、Lv5ぐらいまで上がってたような気がします。

門を出たすぐのところにぷかぷか浮いている本(FoV:フィールドオブビューヴァラー)なんかを活用するとさくさく上がります。

とりあえずここまでっ。



本日の操作メモ(主にショートカット)
・決定:「Enter」
・キャンセル:「Esc」
・メインメニュー開く:テンキーの「-」
 チャットや戦闘関連以外で活用する機能がそろっています。
 全部で2ページあり、もう一度「-」を押すと切り替えます。
・アイテム一覧を開く:「Ctrl+I」
・キャラクターの前進:テンキーの「8」を押している間だけ前進します。
 前進中に「7」を押すと、オートランになり、「8」を放しても走り続けます。
 もう一度「7」を押せばオートランは解除されます。
 これを覚えておかないと、肩が凝って仕方がありません。

会話について・・・
とりあえず発言したければ、まずはスペースキーを1回押して、チャットウィンドウ表示。
あとは普通に入力して、Enterで完了。
フリートライアルではほぼ/sayという自分の周囲に発言を垂れ流すことしか出来ないので、
遠くに居るお友達との会話は、なんらかの方法で近くに移動するか、何らかの方法でtellをもらってそれに返事するしかないかも。なお、skypeや電話、など裏ルートを使わなくても、メッセージ送信で一応キャラクター同士の会話は出来ます。ただし、知らないひとからのフレンド登録(1回目のメッセージ送信はフレンド登録依頼と承認)は断る人がほぼ大多数なので、注意ねっ。

文字がピンク色のtellが飛んできたら、「ctrl+r」チャットウィンドウが出て、最後にtellくれた人がデフォルトでtell相手になるという逆探知コマンドだっ!別の人からtellが来ちゃうと誤爆するから注意しようネ。
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2011-10-26 16:58 | ヴァナ・ディールの歩き方

FF11フリートライアル(その後)

なすこです。

フリートライアルの手順が良くわからなくてあきらめムードだったのですが、インストールしちゃった以上なんとかやれないものかと改めてトライしてみました。



成功。

FF11サービスイン当初は、POLアカウントとFF11レジストレーションコードが必要だったと記憶しております。
で、アカウントハックが蔓延した頃にセキュリティ強化の目的でワンタイムパスワードの導入がありました。また同じ頃だと思いますが、スクウェアエニックスIDという別のアカウントも導入されて、他のPOL対応ゲームがなくなってしまい、FF11のみという状況になりました。

今後はPOLアカウントそのものがなくなりそうな感じですが、現時点ではこの移行期に相当するようで、各種手続きの案内が現状からズレを生じているような状況のようです。



どちらが先かあいまいですが、FF11フリートライアル用レジストレーションコードをFF11のオフィシャルサイトから取得し、スクエニアカウント(無料※住所等個人情報登録必要)を取得したところまでは順調でした。
で、2.8GBの巨大なセットアップ用ファイルをダウンロードし、インストール開始。
それから、POLまたはFF11を起動すると、POLのログイン画面に到達する前にスクエニのサイトに誘導されてそこから先がなんだかよく分からなかったのです。

誘導されたサイトにあったPOLの登録アイコンボタンの上にも同じサイズの結構大きいボタンがあって見かけ上はその上のボタンの方が正解に見えてしょうがないんです。

で、一向にフリートライアル用レジコを入力する画面にいたらず・・・お手上げしてました。

ためしに先のPOL登録用ボタンでリンクした先では、パッケージに記載のPOLコードを入力しろとか言われて、これがまさかFF11フリートライアルレジコを入力する画面だとは思いませんでした。

なすこはかつてのPOLアカウントとFF11レジストレーションコード(およびFF11アカウント)は別物だよという認識が邪魔していた為の誤解だとは思いますが、レジコの案内メールやFF11からの誘導画面で一字一句錯誤が無いよう訂正したほうが絶対に良いと思います。んまぁ今更FF11ユーザーを増やそうという気持ちがないのであれば今のままでも良いですが、新FF14の開発で火の車なのであればユーザーフレンドリー以前に自らの首を絞めかねないこういう部分は何より修正すべきかと思います。



さて、とりあえずPOLを突破した後は、おおよそ8年ぐらいのお付き合いの慣れ親しんだ画面が広がります。ちなみに初回起動時には大量のファイルダウンロードとプログラム更新というのも慣れしたし(みたくない)懐かしい画面とにらめっこも相変わらずですが、以前とは違い、郷愁感でいっぱい。

なすこは引退時点で全てのキャラクターを削除しておりました(復活サービスもあるようです)し、本当に一からというかフリートライアルではいくつかの大きな制限があるため0以下ともいえますが・・・、とにかく14日間で何が出来るか遊んでみようと思います。

フリートライアル版での制限は以下の通りで、プレイしたことあるかたにとっては「厳しい」と感じられると思います。
・キャラクター作成は3人まで
・レベルは30までしか上がらない
・オリジナルエリアでしか活動できない
・競売への出品・落札・閲覧ができない
・所持金は10万ギルまでしか持てない
・トレード・バザーが使用できない
・自分から他人をパーティに誘えない
・モグハウスのポストを利用できない
・tell、shout、yellが使用できない。tellの返信は可能
・ワールド移転が出来ない
・メンターになれない

ですが、同じくプレイしたことがある方には「RMT関連」ほか「規約違反」プレイをして試遊期間後におさらばなんていう、大変醜い行為を抑制する為であることも分かると思います。
14日間の「お試しプレイ」程度であれば問題にならないので、なすこのように経験者が「ちょっと覗いてみようかな」って感覚だと「初期10ギルでどうしろと・・・」って思っちゃいますが、何とかなりそうなので、OK。



さてさて、ベンチでは楽判定だったうちのネトブ初号機ですが、実際のゲームではどんな感じなのでしょう。
結構動いていました。とりあえずウィンダス森の区とモグハおよび東サルタバルタで多少バトルをやってみただけですのでほとんど人はいないエリアです。
とりあえずFF11内のコンフィグで影を付けない設定と画面に反映されるキャラクター数を少し落として、遠景も多少狭くしてグラフィクス処理を多少軽くしてみたかな?って程度で、あとはデフォルトです。確かに描画はしょぼいですし、滑らかな動作とはいえませんが、人が少ないエリアでひっそりソロプレイなら十分すぎるのでは?と感じました。もちろんハイスペックなPCとは言わないまでも各社のエントリーモデルや専用のGPUを積んだPCであれば超快適プレイが出来るんじゃないかなぁと、時代の移り変わりを感じました。
※もっとも、先のバージョンアップ処理もあり、ログインできたのは深夜1:30でしたし、昨夜はメンテナンスも2:00からでしたから、ヴァナの実態は分かりません。

とりあえず、キーボードはオンボードではなく外付けのフルサイズ109キータイプをくっつけてキーボードプレイです。
※FF11はゲームパッドでのプレイも可能です。慣れだとは思いますが、キーボードの方が遊びやすいような気がします。んが、キーアサインが独特らしいです(なすこは他のMMORPGやってないのでわかりません)。



とりあえず30分程度のプレイでしたが、時間があれば新鮮な気持ちで遊んでみたいと思いました。(2週間だけだけどw)

めでたし、めでたし
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2011-10-26 11:12 | ブーム

現在のネットブックのちから

なすこです。

現在のメインマシン(というかそれしかない)になっている
ドスパラさんで購入したネットブックですが、オンボードだけでFF11はいけるのだろうか?と思い、FF11ベンチ3を動かしてみました。

LOW-1080
HIGH-900弱

一応オフィシャルページでは1000以上は楽とのことで、低品質設定なら動くみたいです。
で、現在FF11は14日間無料試遊が出来るらしいので、スクエニアカウントと無料プレイ用レジストレーションコードをもらってインストールしてみました。

ダウンロードファイルが3GB弱というわけで、このネットブックにとってはかなり大容量であせりました。んで、インストール後レジコを設定すればプレイ可能みたいに書いてあるものの、肝心のレジコを登録する画面なぞ表示されまません。なんとなくインストールして、FF11もしくはPOLを起動したらば、レジコとうろくせいみたいな感じでスクエニアカウント管理ページにとんで、移行がどうしたこうしたと適当にユーザー登録してみたのですが、残念ながら無料レジコが登録できないっぽいことを言われて、結局インストールしただけで終了のお知らせ・・・。この辺の登録(&解約)までの道のりはスクエニに限らず、いろんなサービス共に分かりづらい(なんか適当に進めてると無料のはずが有料になってたり等・・・)ものが多いのですが、過去の経験からもスクエニはどうも案内と実態が違うことが多く、結局「めんどくさいっつうのっ!」ってなって途中で投げ出しちゃうパターンが多い気がします。

気合が空回りしちゃったFF14は2013年1月以降にPS3のサービス開始みたいな案内がでてました。「おいいぃ1年以上先かぁ」なんて思いつつ良く見ると、どうもFF14は来年の今頃完全に作り変えたモノに移行するらしく、要するにFF14-2になるみたいですね。1.18?パッチとかいうやつで戦闘にオートアタックが導入されてまったくプレイしたことない身としては「グラフィック強化版FF11??」なんてぼんやり思ってしまうわけですが、それはそれでまぁどうだって良いかなと。どのみちいまのPCじゃなんにもできないしねっ。PS3版が既にあちこちで足かせになっているようですし、FF11のときもそうでしたけれど、コンシューマ向けにはサーバをスパッと分けて、しまえば良いんじゃないかと思うのですが、どうなんでしょうね。そんなにクロスプラットフォームを期待するユーザーっていないような気がしますよ。FF11で一緒に遊んだ仲間と遊べないのは残念かもしれませんが、そこってそれほど重要な要素じゃないですし。

閑話休題。とりあえず2011年発売以降のネットブックは標準状態で十分FF11があそべそうです。ですが、どうにも「やってみよう」から「こんにちは、皆さん!」までの煩わしさは致命的かと・・・。とりあえず、いきなり課金プレイする場合はこんな面倒くさいっていうことは無かったと思いますので、無料でやる場合は結構苦労すること請け合いです。ちなみにスクエニのサポセンは基本的に月~金の日中だけだったりするのでこれもアウトかなっ。

なんにせよ9年前のPCゲームならネットブックでモサモサ遊べそうなことが分かったのは大きいかなっ。

確かに最新の圧倒的に綺麗な世界を思いっきり遊んでみたい気持ちはかなりありますが、GBAで「ゲームってグラフィックだけじゃないよねっ」っていうのが再確認できてますし、FF11を馬鹿みたいに遊びまくっていた経験からすると、世界の片隅でちょぼちょぼやるのも楽しいよねっって言う感覚もありますし、今あえてFF11のウィークデイは釣りとか採集みたいなソロプレイ、週末ちょこっとパーティプレイとか楽しそうなんですけど・・・。如何せん登録の面倒くささが先にたってもう無理ゲー。

てことで復帰断念の巻き。
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2011-10-25 14:11 | ちょこっとニュース

はやく名探偵になりたい

2011年本屋対象を受賞し、現在フジテレビ系列にてドラマ化中の「謎解きはディナーのあとで」。その著者による最新刊をご紹介。

「謎とき~」と同じく短編集です。

既に著者の作をご存知の方にはなじみの烏賊川市シリーズの外伝的位置づけですかね?!
本シリーズお馴染みのあの大家さんや、あのお嬢様は登場しません。

東京の西、千葉の東に位置するとされる烏賊川市を舞台に、私立探偵 鵜飼 杜夫(うかい もりお)とその助手 戸村 流平(とむら りゅうへい)(大学中退)がさまざまな事件をゆるっと解決します。

ちなみに主人公となる鵜飼の名は「もりおうがい」のアナグラムです。なんで森鴎外なのかは知りません。

収録されているお話は以下の5作品です。
1.藤枝邸の完全なる密室
2.時速四十キロの密室
3.七つのビールケースの問題
4.雀の森の異常な夜
5.宝石泥棒と母の悲しみ

1.は犯人は分かっているので刑事コロンボや古畑任三郎で有名な倒叙(とうじょ)モノです。この探偵の実力の一端を見るべし。

2.妻の浮気調査を引き受けた鵜飼。ターゲットを追跡中に助手の戸村が殺人事件の目撃者となります。ですが、犯人や犯行方法がまったく分かりません。被害者は誰に、何故、どのように殺されたのか!?

3.依頼主の呼び出しが空振りに終わった鵜飼達は、その帰りに立ち寄った酒屋さんでビールケースが盗まれるという小さな事件を耳にする。普段の不真面目探偵には珍しく首を突っ込み大活躍(?)

4.なぜかお金持ちと親交のある流平は、お嬢様に呼び出され夜中の森を並んで歩く。ところが、この森で目にする異常な光景が殺人事件に発展。下心満載の流平の願いはかなうのか!

5.探偵の高校時代の恩師、花見小路家でおきた宝石盗難事件。犯人と宝石の行方を追う小さな物語。



気楽に読めるミステリです。4.のお嬢様がいつものお嬢様だと勘違いして読んでいたのは秘密です。んで私が特に印象に残ったのは5.心がちょっぴりあったかくなりました。

読書の秋、アナタもお一ついかが?!
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2011-10-19 16:04 | ブーム

なすこ的つぶやき~時間~

なすこです。

なんとなく円周率を暗記し始めてます。
ぜんぜんこのこととは関係ありませんが、昨年パソコンで5兆桁の算出を
達成し、ギネスにも登録されている長野県飯田市の会社員、近藤茂さんが
2011年10月16日に10兆桁の算出を達成したそうです。
なんだかよく分かりませんが、おめでとうございます。

ちなみに10兆桁目の数字は5だそうです。

なすこの目標は年内100桁です。

現在は少数点以下20桁の以下(暗記したものを打ち込んでいます。)
3.1415926535 8979323846

というのもその名も「π 円周率100万桁表」とかいう本を購入してしまったためで、
円周率に掛けた314円とリーズナブルなものの、単なるネタで終わっては
もったいないお化けが出ちゃうってことで、なんとなぁく覚えてみたって感じです。

んまぁでもいつもぶつぶつ言うぐらいになっちゃう桁数までいっちゃったらやめよう。



以前にも記事にしたかもしれませんが、いまだに解けない謎が。

それは時間の表現でよくみる↓

「ボルト!!!9秒58!!!」

「きゅうびょうごーはち!!!」

・・・

どうして「きゅうてんごーはちびょう」ではないのでしょう?

よくわかりませんが、私なりの答えとしては、
「てん」を入れると長くなるからでしょうか。
タイム(時間≠時刻)を伝えるときの表現ですから、緊迫した状況です。
ですので「てん」分のわずかな時間ももったいないから??

おしえてエロいひと~!
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2011-10-18 11:30 | ちょこっとニュース

メイドインワリオ(ナスコセレクション1)

なすこです。
記念すべき(?)第1回目のナスコセレクションは「メイドインワリオ」です。

2003年3月に任天堂からリリースされたミニゲーム集です。

その名前の通り、1つあたり5秒程度で終わるミニゲームが沢山入っており、各ステージをクリアしては、新たなミニゲームを集めるみたいなゲームです。

基本操作は十字キーとAボタンのみを利用するので簡単です。(沢山のゲームがあるため説明書にも書かれていません。)ゲーム開始時に「よけろ」とか「○○をとれ」みたいな簡単な指示をみて、反射的に操作するので、初見では何をすればいいのか分からないままミスになってしまうこともしばしば。

各ステージは基本的に14ぐらいのミニゲームがランダムで選ばれ、固定のBossゲームをクリアすれば終了。全部で9つのステージが用意されており、9つ目のステージのBossゲームをクリアすればエンディングですが、各ステージに用意されているミニゲームは20種類ぐらいアリ、当然1回のプレイでミス無く進んだとしても、全てのゲームが出来るわけではありません。

ので、この隠されたミニゲームを出現させミニゲーム集を完成させるやりこみ要素もあります。

「ずかん」ではメインゲームで出現させた事のあるゲームを一つを選択し、そのミニゲームだけを繰り返し続けるのですが、各ミニゲーム毎に合格点が設定されており、中には合格点クリアも辛いものなどがあります。ミニゲームには3種類の難易度(仮に1、2、3と呼ぶ)が設定されており、3つクリアすると制限時間が短くなり、よりスリリングになります。1⇒2⇒3⇒(時間短縮)⇒1⇒2⇒3⇒繰り替えす。ミス4回でゲームオーバー。(本編もミス4回でゲームオーバー)

ミニゲームそのものはなつかしのファミコンゲームをアレンジしたものやシュールなものなどニヤリとするものが沢山アリそれだけで楽しめます。

実際のゲーム画面を見ても面白さはぴんと来ないので、見るよりやることで分かるゲームです。
単なるミニゲーム集ならイロイロあると思いますが、やはり任天堂からリリースされるゲームは良く考えられているなぁと思います。

類似のゲームとしては後続のまわるメイドインワリオやリズム天国などがあり、元祖メイドインワリオをさらに研ぎ澄ました名作です。

収録されているミニゲームは異なりますしゲームのコンセプトも異なりますが、メイドインワリオを購入するよりは先述のまわる~やリズム天国の購入をおススメします。これらのゲームについてはいずれ紹介しまーす。このゲーム自体は買ってもまぁ損のないレベルです。中古だと300円ぐらいで買えるのでへたな月額のケータイゲームより完成度は圧倒してますよん。



とりあえず一人でちまちまやるゲームですので、電車などでの移動時間にどうぞ。
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2011-10-11 13:13 | Gameboy Advance

ゲームボーイ

ナスコです。

ここ数年、巷でゲームといえば、ケータイやスマフォを使ったソーシャルなんちゃらかんちゃらが華盛り。本当に盛り上がっているのか知りませんが、これも世の移ろいというものなんでしょうか。どうも私はこの手のゲームの方向性には違和感を覚えて仕方ないです。ビジネスモデルがすばらしいと言うのも今現在勝ち組だからこそいえている理論でしかないなぁと言う印象。
私にとっての印象的なゲームというのは挙げようとすれば呆れるほどあります。
それが例えば、ナツメロや思い出のアニメのように一種の伝説化しているものも数知れずです。ある意味文化といえるほどのタイトルも少なくありませんし、思い入れや愛着は同じタイトルでも各人さまざまでそれらを語るだけでも楽しい気分になるものです。
さて、コンシューマやPCゲームに対し、昨今のソーシャルゲームはどうなんでしょうか?平均寿命が4ヶ月程度といわれておりますが、TVで言えば1クール。TVアニメの長期連載というのも最近では珍しく、2クールでも長いわけですが、いわゆる劇場版1本よりは十分長く、そういう意味で受動的コンテンツならアリだと思います。ですが、ゲームの場合はどうでしょうか?1日30分で4ヶ月なんていうプレイは私には出来ません。FF11のときがおそらく1日に掛けたゲームの時間が最長でしょうけれど、ファミコンをプレイしていたころにしても1度に2~3時間はやっていたと思います。ある意味時を忘れる没入感がゲームの醍醐味だと私は思うのですが・・・とりあえずソーシャルゲームはゲームではないと私は断言します。
アイテム課金に代表されるフリーミアムモデルによるソーシャルゲームはメディアに露出し、一定数のユーザー数を獲得した時点で、ユーザ数とユーザ単価の双方が自然に膨れ上がる奇跡のビジネスモデルといわれております。また、時々TVに取り上げられる際、大抵が街頭インタビュー形式なわけですけれど、おおよそ「それっぽくない人」あるいは「普通な人」に声がかかり、「何が面白いの?」との問いに、「ゲームをしながらコミュニケーションできる(キリッ)」なんて感じのお決まりパターンなんですけれど・・・。
ここで疑問なのですよ。そんなの大昔からあったし、世界中の人と繋がるというのも別にそんなに歴史は浅くない。従来型のゲームのユーザも別にヲタ(蔑称ではないです)だけではなかったし、ソーシャルゲームにしたってヲタがやってないはずは無い。ただしソーシャルゲームのゲーム性を私が疑問視するようにそれが彼らに受入れられないということは大いにアリ、結果そいうった筋の人は見向きもしない状況というのも当然ありえます。んでね、どゆことかっていうと、ソーシャルゲームカッコワルイってことなんですよ。

じゃぁ格好いいゲームとは何か!?



GAMEBOY ADVANCE(開発終了しております)

です。(キリッ)



ウフフ・・・聞こえる聞こえる、ポカーン、あるいはシーンという音がはっきりとねっ。



さてそれらを無視して進めます。
PS3、XBOX360、Wii、PSP、DS、3DSそれらを差し置いて、なぜGAMEBOY ADVANCEなのかですが、みなさんこのハードのゲームってどれぐらいやりました?世代によって違うと思いますが、やったとしてもポケモンといった程度なのではないでしょうか?発売当初のハードのデザインが非常におもちゃっぽくて任天堂の考えるゲームが、ソフトとしてはとても子供を狙ったものじゃないものも多いのに、なぜかハードは子供のおもちゃ臭がすごかったんですよね。それと当時はPS2の一人勝ちでタイトルもプレイステーション陣営側がもてはやされており、携帯機はその間もずっとほぼ任天堂のみ(PSPは2004年発売)ではあるものの、正直市場は任天堂に飽きていました。ただし、従来からの低年齢層に対するアピールはよく、売上も良かったものと思います。また改良版のGAMEBOY ADVANCE SPの登場でおもちゃっぽさが抜け、ファミコンカラーとファミコンミニというシリーズで発売されたファミコンソフトがノスタルジックでこれも良く売れました。で、PSPの発売とDSの発売(ともに2004年)によりGAMEBOY ADVANCEはその2年後にひっそり幕を閉じる(以上なすこの窓からみたGAMEBOY ADVANCEの歴史)わけですが、実はとても面白いソフトが沢山あります。
ええと、はっきり言ってしまえば、PSPやDSのソフトの方がもっと沢山ありますよ。ですが、ここに両者に負けないハードがあるんです。しかもなんと、2004年にPSP(当初はいまひとつ盛り上がらず)およびDS等の新世代ハード発売後の、なぜか2005年に発売という頭がおかしいとしか思えない時期にスーパークールなハードが登場しました。その名もGAMEBOY micro。アルミ筐体で、わずか2インチとはいえ高精細なTFT液晶を搭載し、さらにバックライトによる輝度も十分です。カラーバリエーションは標準カラーの黒、シルバー、ブルー、パープルのほかに準レギュラーというかこちらが本命のファミコンIコントローラーを模したファミコンカラー。価格は¥12,000。・・・ええと、これはほぼ売れません(1世代前のハードで、DSが¥15,000に対しこの価格は・・・)でした。でも今見ても格好いいんです。確かにGAMEBOY ADVANCEのソフトはDSでも遊べます。それも大画面です。またGAMEBOY ADVANCEやSPはGAMEBOYやGAMEBOY Colorのソフトも遊べたりしますが、microはADVANCE専用です。ですが2011年においては、互換性なんかどうでも良いです。

据え置きゲームの代名詞がファミコンのように、携帯ゲーム機はゲームボーイなんですよ。
なので最後のゲームボーイであるGAMEBOY micro!これで決まりっ!



なお、ヤフオクでは、新品なら¥8,000~¥12,000
状態の良い中古品で¥6,000~¥8,000
箱取説なしの良品で¥3,500~¥4,500
程度です。※限定モデル等は除く。
AC/DC等周辺機器はミクロ専用なので、ご注意を。

なすこは現在本体については、レギュラーカラー全色のほか、FFIVモデル、Mother3モデル、ポケモンセンターモデルを所持しております。要するに通常入手できる全種類です。そのほかに(コロコロコミックの応募懸賞バージョンとタワーレコード秋葉原店オープン記念バージョンが存在しますが、ほんのわずかしか存在しない為入手不能)
ほか交換用フェースプレートとして非売品のファミコンIIコンカラー、スーパーロボット対戦も所持しております。(micro発表時 さまざまなフェースプレートを展開する予定でしたが、本体が売れなかったためなくなりました。ですがかなりの種類のプロトタイプが作成され、1種類が流出しているようです。)

次回はナスコセレクションのソフト紹介
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2011-10-04 12:08 | Gameboy Advance

なすこ(Anastacia)だよ~。
by KusanaghiMotoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

最新のトラックバック

■■■+++恋愛バトン+..
from ロデム返信!
「○×バトン」
from ロデム返信!

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな