なすこの普通紙FFax

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ガンダムバトルオペレーションズ(基本無料+アイテム課金)

はいはい。なすこです。
なすこは現在PS3用ゲーム『ガンダムバトルオペレーションズ』に参戦しております。
TPS(三人称視点シューティング)で、ご存知ガンダムのMSを操って日本中のパイロットと戦うものです。
もともとFPSとかこういう対戦ものって勝てればいいですけど負けたときの悔しさが嫌なのと、チーム戦にしても「消えろカス」とか言われそうで怖かったのですが、バトオペは比較的ゆるいので楽しめております。

ゲーム概要はユーザが自由に作成できるバトルフィールドに4vs4~6vs6で地球連邦軍とジオン軍にわかれて戦うものです。
自分はどちらの軍でも出撃可能で、ジオン軍ばかりやりたければそういう風に設定も出来ます。

自分の分身となるパイロットには階級+レベルがあり、戦闘を繰り返すことで上昇します。
上昇すると勲章などがもらえ、戦闘や報酬がグレードアップします。

また、MSは沢山の種類の機体が用意されておりますが、戦闘報酬の一つである設計図を集め100%になると作成できます。また、同じ機種でもLv違いのMSが用意されており(例えばザクII Lv1、ザクII Lv2・・・といった感じ。戦闘でLvアップしません。)各種パラーメータのが向上します。

機体集めも楽しい要素です。

また、MSは主兵装(ようするにメイン武器)やカスタムパーツをくっつけることができるので、同じ機種でも場合にあわせたカスタマイズが可能となっています。ちなみにある程度進めると期待のペイントなどもいじれるのでザクIISを赤く染めてあの大佐のようになることも出来ます。(が悪目立ちするので実力が伴っていないと両軍から標的に・・・)

戦闘そのものはフィールドに自軍と敵軍の拠点があり、その他中継拠点を制圧や敵拠点の制圧をねらいつつ敵MSを撃破します。1回の戦闘は8分間で丁度良い長さとなっております。
敵MSを撃破したときや地点の制圧などで加算されるポイントの多いチームの勝利となります。
なお、MSを撃破したときにはいるポイントはその敵の出撃コストに影響しており、概ね高性能な機体ほどコストが高く大変ですが強い敵を倒すほどポイントが高くなっております。逆にへたくそなのに高コストのMSで単身つっこんでやられまくると地雷扱いですw。

ゲームし始めは保有機体も少なく操作もなれないのであっさりやられまくりますが、最初の階級のときだけ参加できる特別なフィールドで繰り返し遊ぶことで次第にコツがつかめてきます。序盤~中盤は機体の性能差が力関係に対しかなり大きな要素となりますが、徐々に中の人の腕次第という感じに変化していくそうです。

とまぁ、お手軽に楽しめますので、まだプレイしたことのない人は基本無料ですから是非どうぞ。

ちなみに、課金については入門時点ではほぼ不要で、初心者レベルからは出撃用に消費するエネルギーを購入することが多いと思います。キャンペーン時には1プレイおおよそ60円ぐらいなのでゲームセンターで遊ぶことを考えればまぁ良心的かなという価格。

そのほかには設計図が手に入りやすくなったり経験値が増えるといったブースター。
機体のカスタムパーツをつけるスロットを増やすハンガー。
Lv5以上の機体を開発するなとといった場面で500円未満の課金ポイントがありますが、必須ではありません。

なすこはまだまだ遊べそうです。

ではジーク・ジオン!
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2013-06-26 12:32 | ブーム

FF14βテストフェーズ3

フェーズ3でした。なすこです。(現在フェーズ3は終了しております。)

なにが?って??FF14(新生)ですよ!っ。



てことで、新生FF14のベータテスト(PS3)をやってみましたっ。
ココで作成したキャラクターはテスト終了後に削除されてしまうということでした。

とりあえずFF11のときの開始までのややこしい手続きがどうなっているか?に気にしつつとらいっ。

まずはスクエニアカウントが必要となります。

以前DQ10をやったときに作成したアカウントがそのまま使えそうです。

次にPS3版の場合はPSストアからクライアントプログラムのダウンロードをする為にプロダクトキーを登録。※PSストアでダウンロードできるのはFF14のダウンローダのようです。初回時にせっせとダウンロードが始まっていました。(ちなみに13GBほど空きが必要なんだそうですが、30分程度でインストールは終わりました。βテストは期間が短いとはいえ11のときのようなリトライオンラインにはならず安定しておりました。)
まぁ難しいことはないはずです。

で・・・あれ、あっさり終了。

ではキャラクター作成。今回はミコッテ♀(弓術士)で作成。選択肢が製品版より少ないそうですが、それでも11に比べたら圧倒的に増えたので後で消えちゃうことも忘れキャラクターメイキングにタップリ時間を掛けちゃいました。流石に綺麗だにゃー。なお、キャラクターは消えますが設定内容は保持されるそうなので、次回テストのときなどは読み込んで一発できそうです。

いざ開始!するとオープニングが流れます。ここは旧FF14から新生にいたる簡単なダイジェストストーリーとなっており、戦禍の傷跡のこるエオルゼアに生まれる冒険者を誘います。

森に囲まれたxxx(失念!)を開始都市にしました。なんとなぁくウィンダスチック。でもいろんな種族がおります。辺に偏ってないのもいいかもっ。

さてさて2日間ぐらいちょこっとやっただけですが、感想を。

<グラフィック関連>
・グラフィックはFF11(PC版)に比べても相当アップ。もう綺麗!の一言。
・ただし、細部がのっぺりしている感じはまだまだ調整段階といった感じ。これが製品版でどこまで上がるのか気になります。このままだと、まぁ許せる範囲ではあるものの、もうちょっと頑張ろうよって思うかな。
・流石にムービーで流れるプリレンダリングとは差が明らか。

<UI(PS3)>
・なれるほどにはプレイしておりませんが、戦闘/クエスト関連でソロプレイの範囲ではかなり良い感じ。
・クロスなんとかっていうUIはよく練られた仕組みです。PSコントローラのL2、R2キーを押しながら各ボタン(↑↓←→/○×△□)を押すことで、割り当てられたコマンドが一発で呼び出される仕組み。(カスタマイズ可能)FF11でいうマクロをボタンに割り当てたような操作感はかなり向上した感じです。
・なお、FF11の「マクロ」のように複数のコマンドを登録しておき一発起動というのはなさそうです。やってみるとわかりますがソロプレイでは必要ないかも。PTメンバーへのケアルなどターゲット指定をどうするのか?というのはソロプレイしかしていないので、というか自己回復すらやってないのでまぁそのうちわかるでしょう。
・敢えて言うと慣れるまでの問題でしょうけれど、RとL用のアイコンが画面中央下部に20個配置されているんですが、左右10個ずつ別れててもいいかなぁ。
・総合するとだいぶいい感じ。

<戦闘>
・オートアタックより常に何かしら技を出している感じでプレイしておりました。
・TPを消費する技でもコストと自然回復?がバランスしていてリキャストが許す限り幾らでも撃てる感じです。※プレイ中まったく回復しなくなったときがあったのですが、理由不明。
・FF11のそれにくらべかなりソロの難易度は低かったと。※とはいえ自レベル+1ぐらいまでの相手しか戦っていませんが。
・戦闘そのものの獲得経験値はそれほど多くないが、クエストやモンスター図鑑をつくるみたいなのがそれなりにボーナスポイントが入るんでレベルアップは早い。正味1時間程度(クエストで走り回る時間を入れても3~4時間といったところ)でLv10にっ。

<イベント関連>
・バトルの延長ですが、F.A.T.Eというフィールドで突然始まる戦闘クエスト(FF11でいうカンパニエやビシージみたいな)を中心としたイベントが手軽に参加できて楽しかった。
・クエストはとりあえず意味不明な小さなクエストが多く楽しんでいるか?といわれると??だが、まぁこんなものかと・・・
・逆にもっとパズル的要素や謎解き要素、それなりに反射神経を問うとか中の人の技術を求めるもの、タイムアタック的なものがあってもいいのになって感じます。これはFF11の頃からもそうですが、11の場合はそもそもどこに何しにいけばよいのかわからなかったのですが、14の場合は今のところ簡単すぎて「はぁそうですか・・・」といった感じ。ちなみに技術やタイムアタック的なものは11にもありましたが、残念ながら飽きるほど繰り返さないとお目当てのアイテムがもらえないというちょっぴり残念なルールのせいでどうも・・・。まるで答えがわかっているテストを毎日受けさせられるような・・・。
・あーめんどくさって言うほどプレイしていないのもありますが、さくさくやれるのはいいかもですね。

<ちょっとしたこと>
・ゲーム終了後タイトル画面ぽいところに戻るのですが、PSボタンをおしてもXMBが開かず(禁止マークが表示されるだけ)どうやって本当の終了をするのかちょっとわからなかった。
※本体の電源を落としはなんとなく気持ち悪い。→PSボタン長押でソフトだけ終了させればよいという自己解決。とはいえそんなんでいいのならタイトル画面で普通にXMB出せばいいじゃんと・・・。
・会話をしていないので文字入力についてはよくわかっていない。
・βテスト期間をタイトル画面に出して欲しかった。14日18:00で終了だったのですが、14日ガンダムやってたーよw

そんな感じかなっ。

以上
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2013-06-17 12:50 | ちょこっとニュース

あ、たった。

なすこです。ようやく梅雨らしい天気になりましたね。
晴れ=いい天気なんて言いますが、んじゃ雨は悪い天気なのかと・・・。どうせ雨を止められないんだから、憂うよりも雨を楽しめばイイよね。って思います。

ただ・・・。小さいころ田舎で降られた雨と違い、横浜/東京の雨ってなんかクサイ。気がします。多分気のせいでしょうけれど。



CSR Racingは順位が上がるにつれ、対戦相手がどんどん強くなっていくんですよね。要するにGOLDチューニングを使用すれば勝てるんですが、そういう人が高RPを獲得しているわけで、自然と資金力の勝負って感じになります。

おおよそ1%以上になるとCashだけのチューニングでは勝ったり負けたりの辛い勝負になります。

ちなみに2~3時間程度放置しますと、大抵ランクがさがって、結果として難易度が全体的に下がります。
Pro Clubの方が相対的にRPが沢山入るようになっておりますが、T5のZ4など勝負しやすいProカーが無い場合やT4以下のProカー(体感的にはVIPERがT4ではよさげ)の場合は幾ら上手に操作できても、上位Tierの車種もライバルとして登場する為T4以下のProカーにするぐらいなら、ProじゃないほうのレースをT5カーでやるほうがよいです。



さてさて、おうちのPS3がブルーレイを見るとき以外まったく活用されていないことに気付き、無料だからという安易な理由でガンダムバトルオペレーション?とかいうゲームをやってみました。

ザクなどのロボットにのってどんぱちやるゲームです。オンラインアクションバトルゲームですがロボットのカスタマイズや階級などのレベル上げなどのRPGチックなやり込み要素満載で、楽しいです。

最初は操作に戸惑い標的にされまくり(いまもあんまりかわってないですが・・・)でも、徐々にコツがつかめてくると、前よりもやられにくくなったり、反対に敵に攻撃をしかけたりなど「中の人がレベルアップする感じ」はなかなかに楽しいです。(ある程度操作になれるとあとはロボの性能差となってしまうようです。)

まだまだはじめたばかりですが、毎日少しずつ遊べそうです。無課金でも十分楽しめるそうです。
期待!



先日新生FF14のβテスト(フェーズ2)に当選したとの通知がやってきました。
応募していたことすら忘れておりましたが、PS3版だったのでちょっとプレイしてみたいと思います。

今日はこの辺で。
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2013-06-14 13:56 | ちょこっとニュース

6月だから?!

大昔に一度書いた記事「ハリーウィンストン」。地味ながらも結構アクセスランク上位に挙がります。

うーん行ってきたってだけの記事なのですが・・・。



気が付けば2013年上半期最後の6月。
6月といえばジューン・ブライド。てことなのでしょうかねぇ。



なすこが記事を書いた時期と前後するぐらいからでしょうか、ハリーもいろんなデザインのジュエリーが売り出されるようになっております。

オーダー→既製品の色が強くなっているのだと思います。多くの日本人にとって特注品は馴染みがない世界なので、商売的には既製品に注力するほうが良いと思います。

さて、そんなハリーの最新モデルの中で庶民的なのはHWロゴリングですかね。

以前からHWリングというカジュアルなデザインはありましたが、ダイヤが張り出した(一般的にイメージされる婚約指輪のようにリングの上に石がある)デザインだった為普段使いをイメージしにくいですし、どちらかというと低価格な婚約指輪に用いられる用途だったと思います。

こんどのHWロゴリングはさらにカジュアル度を強めております。個人的にはブライダルに用いるものではないと感じます。※公式サイトではブライダルにも掲載されております。

基本デザインはエタニティ系リングです。エタニティ系リングといってもリング幅と同等の細かい石を隙間無くセットしたタイプが一般的に認知されておりますが、エタニティの要件には必ずし「隙間無くセットすること」が在るわけではありません。HWロゴリングはごろっとした印象の太めバンドにHWと刻印された「ロゴ」が等間隔に8箇所(?)に配置されているものです。なお、センター部には小さなダイヤがセットされ1ポイントとなっております。面白いデザインですね。なお地金はホワイトゴールド、イエローゴールド、ローズゴールドで価格は¥320,0000~(女性用)です。おそらくハリーウィンストンの扱うジュエリーでは最も手ごろな価格だと思われます。

日本では2013年6月1日から世界先行発売されております。

興味のある方は是非実際のアイテムを見てください。

以上
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2013-06-05 11:58 | 本日のなすこ

ただしいゲェムの買い方

なすこです。長年ブログ(というか只のどうでもいいメモ)を書いていると、本人が書いたことを忘れている記事ありなかなか楽しいです。とはいえ、積極的に記事を探すということも無く、なぜかたまたまどなたかのアクセスにより自分のブログ内のデイリーアクセスランキングに見覚えの無いタイトルの記事が出たときの楽しみという・・・

てことで、他人のふんどしでとったオモロ記事にあった単語・・・

「まつざきしげる色」!まったく覚えていないです。とりあえずギュギュったらば・・・
http://www.craypas.com/topics/detail/matsuzaki.php

んまぁ予想通りな話ではあるものの、面白いw



閑話休題。

ただしいゲェムの買い方などとえらそうなことを書いておりますが、まったくためにならない話です。
今すぐもとのサイトに戻ってください!



なすこはゲームが割りと好きです。今更ですが、売れているゲーム=面白いと感じるゲームというわけではないですよね?
みんなが遊びたいのは決して売れているゲームではなく、面白いゲームだと思うんです。
んじゃどうすればその面白いゲームに出会えるか?!
なすこは最近「オフゲーってやり続けたらなんだか面白くなる」だと思ったわけです。逆の言い方をすると長くやり続けられるゲームが面白いゲームだっ!というわけです。そりゃそうだろう!って突っ込まれそうですが、別にオチもないわけですからいいでしょ?!



実はこのブログに一切書いてない様なものも含め割と沢山のゲームソフト(アプリとかはほぼ興味無し。いわゆるコンシューマ系のもののみを指します。)をなすこは所持しているのですが、ほとんどのタイトルは一度も電源を入れていません。ほぼ中古ソフトは買わないので業界にとってはカモもいいところ・・・。でもまぁ後悔はしていないですよ。いつまでたっても始めてプレイする瞬間こそがなすこにとっての発売日だしっ。他のゲームと比べたり出来るほど器用じゃないしぃ。

・・・ああんウソです。もう酷い有様です。こんな買い方はNGです。

掟:ひとつ!沢山のソフトを買ってはならない。



次に、さっきの話になりますが、なるべく一つのソフトをナガーく遊ぶようにしましょう。最近のタイトルって全部遊びきる!ってことが出来るものって本当に少なくなっているんですよねぇ。やり込み要素っていうんですかね?結構高価ですからそんな数日でやることがなくなるようなスカスカなソフトなんか駄目ですけど、全体的に普通にまっすぐクリアするだけなら数日で終わるけど、その後のやり込み要素やら、わき道寄り道すると永遠に終わらないようなそんなタイプのソフトがたーくさんあるように思います。ぜひともこういった要素を遊んで欲しいと思います。わき道寄り道も当然作り手が用意したものです。そういうものも遊ばないと真価なんかはかれません。こんな遊びか足していると当然沢山のゲームを遊ぶ時間など作れません。だから1本あたりは高価でも長く遊べるならキッともとが取れます。

掟:ひとーつ!やりつづけろっ!



掟:ひとーーーつ!中古ソフトは利用しない。

Vitaの場合、前のオーナーさんの記録がVitaカードに残っていて、ほうっておくとこのままプレイしてもあなたの戦績はのこせませんよっ!みたいなこと言われます。しかもなぜかやり方がよくわからない。
だから、中古は辞めましょう!ってことじゃないです。
だってこのVitaカードの初期化って別にいかがわしいことしなくても簡単に出来ますからねっ。

んじゃなにかっていうと、やっぱり中古ソフト市場って作り手にとっては声を大にしていえないけれど、やっぱり鬱陶しいシステムだと思っているわけでしょ?本音では新品ばっかり購入して欲しいに決まってる。

鶏が先か卵が先かしらないし、ビジネスモデルがもう既に別の次元にシフトしなきゃなのかもだけど、一生懸命頑張った人の努力を踏みにじりたくないなぁと思うのが今のなすこ。



掟:必死でやるべしっ!

そもそもゲームとは余暇で楽しめば良いじゃん?ていう原点回帰をなすこはしたわけで、そしたらやっぱりゲームなんつうものは必死でやるべきだ、と、思うんです。
一見矛盾してるようにみえるかもしれませんが、ここで死んだらセーブデータ飛ぶ!ってゲームは結構昔はありました。
所詮仮想・空想になに真剣になっているの?とかあのゲームはリアルじゃないからなんかショボい。って意見もいいけれど、一方でゲームだからこそ体験できる世界ってあるなと。

楽しむなら断然後者だと思うなぁ。

そんなにスリル味わいたければ、リアル味わいたければ必死で学校で活動してみろ。もしくは働け!現実のがよっぽど厳しいわボケッ。



そんなかんじぃw



さてナスコの酷い積み(≠詰み)ゲーにもちょっとしたメリットはあって、最近のソフトってバグが結構残った状態でもリリースされていることが多くって、いきなり遊ぶと結構ガッカリすることも多いみたい。んでもゲーム機がネットに繋がるのがあたりまえになった昨今徐々に解消されるわーけ。
んで自分がそろそろやろうかなぁなんて考える時期にはキッチリ治ってたりして・・・なんかストレスフリーで楽しめたりする。

ついでに言えばあまり最新情報を追っかけたりしないので、自分がプレイするときが最新!なわけですから別に古臭さもそこにはなくて問題なし。

でも、ちょっとメンドイのがしばらくプレイするつもりは無くても、定期的に起動はしてあげて!DLCとかは発売直後こそ沢山リリースされるし、いつまで続くかわからないしね。

以上
[PR]
by KusanaghiMotoko | 2013-06-03 22:00 | PlayStation Vita

なすこ(Anastacia)だよ~。
by KusanaghiMotoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

最新のトラックバック

■■■+++恋愛バトン+..
from ロデム返信!
「○×バトン」
from ロデム返信!

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな